プロフィール

丹保敏隆
代表 :丹保敏隆
[丹保社会保険労務士事務所]
石川県小松市日の出町一丁目112
HOWDID118-202
TEL 0761-24-1005

お問い合わせ

丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ
丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ

※お気軽にお問い合わせください。

  • off share オフショア
  • Tambo's スモールトーク
  • アシスタント Blog
  • スタッフ on WEB
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

メールマガジン


【メルマガでーす】
丹保社労士事務所では労務関係の価値あるメルマガを配信しています。無料ですので、どうぞご登録くださいね。
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
メルマガバックナンバーもご覧ください。


石川県 の 社会保険労務士 丹保から No.93

石川県の社会保険労務士 丹保から顧問先の皆様へ

 気温が30度を超える日が続くようになってきました。墓掃除には少し早いと思い、休日を利用して事務所の掃除をしようとお昼近くになって出勤してみましたが、一休みしているうちに外の明るさに気持ちが負けてしまって軽めのドライブに海まで出かけてきました。夏の間の本の何日かだけですがいつもの日本海とは違う色になることがあります。せめて年に一度は海に体を浸したいですね。

■目次 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

1  <<<<< ワンポイントクイズ  ;健康保険の療養費の受給
2  <<<<< 今月のお知らせ;講演&朗読会「もっと輝いていいんだよ!」
                  ;小松創業塾
3  <<<<< 気になるニュース ;2014年度の最低賃金は全国平均で16円上げ
                  ;中小零細企業の後継者は親族以外が4割
                  ;永住外国人は生活保護法の対象外
                                  最高裁判決
                  ;男性の平均寿命が初めて80歳超に
                  ;非正規の若者の正社員化推進で
                                 新法案提出へ
                  ;使用者による障害者虐待の状況
                  ;「転職回数が多いと不利」常識に変化
                  ;14年度「経済財政白書」賃金課題など分析
4  <<<<< 広報・リーフレット ;パートタイム労働者の
                        雇用管理の改善のために
                  ;パートタイム労働法改正のポイント
5  <<<<< お役立ちアンサー

■====== 1; ワンポイントクイズ ======================

Q: 健康保険の療養費を受給できるケースは?
A:  (答えは巻末をご覧下さい)

■====== 2; 今月のお知らせ =======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
_____________________
講演&朗読会「もっと輝いていいんだよ!」
奇跡のコラボレーション講演&朗読会「もっと輝いていいんだよ!」
    〜苦しみも悲しみも生きるちからにかえて〜
日時= 8月8日(金)19:00〜21:00(開場18:30)
会場= 石川県立音楽堂 邦楽ホール
出演= 笠井信輔(とくダネ!でおなじみ笠井アナ)、
   = 白潟美栄子(ひかり詠み人)
   = 谷内直樹(ギタリスト)
会費= (チケット代) 前売券1,500円 当日券1,800円
    託児所をご用意しています 定員20名 利用料500円
主催= 輝き・実行委員会お問い合せ 090-9446-8108(白潟)
______
小松創業塾
一歩踏み出す勇気と決断力、繁栄し続ける継続力、変化への対応力とは?
日 時  平成26年8月30日(土)〜9月20日(土)
      毎週土曜日 10:00〜16:30
場 所  小松商工会議所
講 師  エージェントリーダーズ合同会社 他
受講料  5,000円定 員  40名
締 切  8月20日(水)
申込先  小松商工会議所 担当:北川

■====== 3; 気になるニュース ======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
____________________
2014年度の最低賃金は全国平均で16円上げ
中央最低賃金審議会は2014年度の最低賃金を全国平均で780円(前年度比16円増)とすることを決定、各都道府県の最低賃金審議会が地域ごとの最低賃金を決定し10月から適用
________________
男性の平均寿命が初めて80歳超に
厚生労働省が2013年における日本人の平均寿命を発表し、女性が86.61歳(前年比0.20歳上昇)、男性が80.21歳(同0.27歳上昇)で、いずれも過去最高を更新
___________________
中小零細企業の後継者は親族以外が4割
親族に後継者がおらず第三者が後を継ぐ中小零細企業が4割に達していることが経済産業省の調査で明らかになり、法務省とも連携し事業承継しやすい制度づくりを進める
_____________________
非正規の若者の正社員化推進で新法案提出へ
厚生労働大臣は非正規社員の若者の正社員化を推進する新法案を来年の通常国会に提出する考えを示し、正社員化を進めた企業に対する助成金の支給や、「ブラック企業対策」の一環としての若者の離職率の公表などが柱となる見通し
_____________________
永住外国人は生活保護法の対象外 最高裁判決
永住権を持つ外国人が生活保護法の対象となるかどうかが争われていた訴訟で、最高裁判所(第二小法廷)は受給権を認めた高裁判決を取り消し、
______________________________
13年度「使用者による障害者虐待の状況等」の取りまとめ結果  
厚生労働省は障がい者を雇用する事業主や職場の上司など「使用者」による障がい者への虐待状況や、虐待を行った使用者に対して講じた措置などについて状況を公表
__________________
「転職回数が多いと不利」常識に変化 
転職サイトDODA運営のインテリジェンスはこのほど転職回数と転職成功率の相関性に関する調査結果を発表、35歳以上では転職経験「4回目以上」の転職成功者が増加 
___________________________
「この会社に入社してよかった」が前年比減の90.7%
マイナビは今春入社の新入社員に入社後の現状などを尋ねた意識調査の結果を発表、90.7%が「この会社に入社してよかった」と回答(前年は93.1%)
__________________
「多様な正社員」導入運用に向け提言 

厚生労働省の「『多様な正社員』の普及・拡大のための有識者懇談会」は報告書を公表し、
「多様な正社員」の円滑な導入・運用に向けた政策を提言
__________________________
14年度「経済財政白書」賃金をめぐる課題などを分析
経済財政政策担当相は2014年度の「経済財政白書」を提出し、副題は「よみがえる日本経済、広がる可能性」、所得・賃金の動向と時間当たり賃金をめぐる課題を分析

■====== 4; 広報・リーフレット ======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
______________________
パートタイム労働者の雇用管理の改善のために
短時間労働者の雇用管理の改善等の促進を図るため、通常の労働者と同視すべき短時間労働者に対する差別的取扱い禁止の対象者を拡大する等の所要の措置を講ずる。
_________________
パートタイム労働法改正のポイント
パートタイム労働者の方々の公正な待遇を確保し納得して働くことができるようパートタイム労働法が改正(施行日は平成27年4月1日)

■====== 5; お役立ちアンサー ======================

健康保険の療養費の受給
医療費の全額を負担したときは療養費で払い戻しが受けられます。
健康保険では、保険医療機関の窓口に保険証を提示して診療を受ける現物給付が原則ですが、
やむを得ない事情で現物給付を受けることができないときや、治療のために装具が必要になったときなどは、
かかった医療費の全額を一時立替払いし、あとで請求して療養費(被扶養者の場合は家族療養費)として、
払い戻しを受けることができます。療養費は、支払った医療費が全額払い戻されるわけではありません。
被保険者や被扶養者が保険医療機関で保険診療を受けた場合を基準に計算した額(実 際に支払った額が保険診療基準の額より少ないときは、実際に支払った額)から一部負担金相当額を差し引いた額が払い戻されます。
また、健康保険で認められ ない費用などが除外されます。

療養費が受けられる主なケース
・やむを得ず保険医療機関でない病院などで診療を受けたとき
・資格取得届の手続き中で保険証を提示できず、自費で診療を受けたとき
・コルセットなどの治療用装具を医師の指示で作成し、装着したとき
・生血液の輸血を受けたとき
・海外の医療機関で診療を受けたとき(治療を目的に海外に出向いた場合は対象外となります。)
・柔道整復師(整骨院・接骨院)から施術を受けたとき
・はり・きゅう・マッサージの治療を医師の同意を得て受けたとき

柔道整復師(整骨院・接骨院)で健康保険が使えない場合
・日常生活からくる単なる疲労や肩こり、腰痛、体調不良など
・スポーツによる筋肉疲労・筋肉痛

柔道整復師(整骨院・接骨院)で健康保険が使える場合
・急性の外傷性の骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れなど(骨折や脱臼は応急手当を除き、医師の同意が必要です)
posted by 丹保社労士事務所 at 2014年08月05日 | マガジンラック(メルマガ)