プロフィール

丹保敏隆
代表 :丹保敏隆
[丹保社会保険労務士事務所]
石川県小松市日の出町一丁目112
HOWDID118-202
TEL 0761-24-1005

お問い合わせ

丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ
丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ

※お気軽にお問い合わせください。

  • off share オフショア
  • Tambo's スモールトーク
  • アシスタント Blog
  • スタッフ on WEB
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

メールマガジン


【メルマガでーす】
丹保社労士事務所では労務関係の価値あるメルマガを配信しています。無料ですので、どうぞご登録くださいね。
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
メルマガバックナンバーもご覧ください。


石川県 の 社会保険労務士 丹保から No.101

石川県の社会保険労務士 丹保から顧問先の皆様へ

 この冬はこれまでになく12月上旬から積雪があり除雪車が出動するほどになりました。少し早過ぎるかと思いながら、車検のついでにタイヤも交換してもらいましたが、あのタイミングを逃すと危なかったようです。エアコンと4WDの走行が続くと、ガソリン価格が下がっても、燃費面では厳しい冬の始まりです。不要の遠出は控えて家で暖かいものを食べることにします。

■目次 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

1   <<<<< ワンポイントクイズ  ; 1月から変更される
                     高額療養費の限度額は?
2   <<<<< 今月のお知らせ; 女性起業家と博物館学芸員と自衛隊士官
             ;新幹線ワールドカフェ
3   <<<<< 気になるニュース ; 職場での受動喫煙率が33.1%に減少
             ;「営業秘密」盗用・不正利用時の罰則強化へ
            ;企業年金の運用利回りが8.8%に低下
            ;セクハラ・マタハラの本格調査を実施へ
             ;就職内定率が大卒・高卒ともに改善
            ;障害者雇用が11年連続で過去最高更新
            ;特定健診の保健指導を受けると医療費が大幅減
              ;来年度から「マクロ経済スライド」を初の実施へ
            ;消費増税延期で2015年度の子育て給付金中止
             ;個人情報指針改正で業務委託先の監督強化
4   <<<<< 広報・リーフレット ;高額療養費制度を利用される皆さまへ
5   <<<<< お役立ちアンサー
■====== 1; ワンポイントクイズ ======================

Q: 1月から変更される高額療養費の限度額は?
A:  (答えは巻末をご覧下さい)

■====== 2; 今月のお知らせ =======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
________________________________
女性起業家と博物館学芸員と自衛隊士官をスピーカーに研究会を開催
終了後は加賀丸いものお好み焼きをメインにアルコール抜きの懇親会
日 時:平成26年12月20日(土)
    午後1時30分〜午後5時30分(予定)
会 場:能美市根上学習センター1F調理室
名 称:石川中央労務研究会第38回業務研究会
テーマ:1自衛官の募集採用と育成配属・・・落合克己さん
    2東日本大震災の記録・・・本谷文雄さん
    3経営を継続するなかで学んだこと・・・山岸葉子さん
    4.その他……(参加者の情報交換)
参加費:無料(オブザーバ参加も申込は必要です)
___________
新幹線ワールドカフェ
仕事や地元の活性化に新幹線を活かしたい、ワールドカフェを体験したい、自分の思いを話したい、アイデアをもらいたい、そんな方にぜひ参加して欲しい、今年最後の無料ワールドカフェ
日時:2014年12月21日(日) 13:30〜16:00(受付13時〜)
場所:石川県庁 19F 交流スペース
参加:無料
定員:先着30名(先着順)

■====== 3; 気になるニュース ======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
_________________
職場での受動喫煙率が33.1%に減少
厚生労働省「国民健康栄養調査」の結果、非喫煙者が受動喫煙した場所の割合が飲食店46.8%(平成23年比1.7ポイント増)、遊技場35.8%(同0.7ポイント減)、職場33.1%(同2.6ポイント減)
_____________________
「営業秘密」盗用・不正利用時の罰則強化へ
営業秘密(企業の製造ノウハウ・技術等)の盗用・不正利用があった場合の罰則の上限(現在は1,000万円)を引き上げ未遂でも処罰する不正競争防止法の罰則を強化する等の方針
__________________
企業年金の運用利回りが8.8%に低下
企業年金連合会が企業年金の資産運用実態調査結果を発表し2013年度運用利回りは8.8%(前年度比2.4ポイント減)と低下したものの引き続き高い利回りを維持
___________________
セクハラ・マタハラの本格調査を実施へ
厚生労働省はセクシュアル・ハラスメント(セクハラ)やマタニティー・ハラスメント(マタハラ)について本格的な調査を行う方針で非正規雇用の女性など改善策を検討する考え
_________________
★就職内定率が大卒・高卒ともに改善
(平成26年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査)
(平成26年度「高校・中学新卒者の求人・求職・内定状況」取りまとめ) 
文部科学省と厚生労働省によると、来春卒業予定の大学生の就職内定率が68.4%(10月1日時点。前年同期比4.1ポイント増)と4年連続で上昇、高校生の内定率も54.4%(9月末時点。同8.8ポイント増)に上昇
___________________ 
障害者雇用が11年連続で過去最高更新
厚生労働省「平成26 年 障害者雇用状況の集計結果」を公表し、企業(従業員50人以上)で働く障害者が対前年比5.4%増加し43万1,226人(今年6月1日時点)と11年連続で過去最多を更新
______________________
特定健診の保健指導を受けると医療費が大幅減
厚生労働省は特定健康診査(メタボ健診)による保健指導を受けた人のメタボ関連医療費が受けなかった人と比較して30%以上も少なかったとする調査結果を発表
_______________________
来年度から「マクロ経済スライド」を初の実施へ
公的年金「マクロ経済スライド」が来年度に初めて実施されることが確実となり、支給額はマクロ抑制分(約1.1%)と特例水準解消分(0.5%)を合わせ約1.6%抑制される見通し
_____________________
消費増税延期で2015年度の子育て給付金中止
消費税率引上げの延期に伴い財源の目途が立たなくない「子育て世帯臨時特例給付金」(子育て給付金)を2015年度は中止する方針
____________________ 
個人情報指針改正で業務委託先の監督強化
経済産業省は、個人情報を委託する外部業者への監督強化や社内の安全管理体制の強化などを盛り込んで、個人情報保護ガイドラインを改正したと発表

■====== 4; 広報・リーフレット ======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
___________________
高額療養費制度を利用される皆さまへ

■====== 5; お役立ちアンサー ======================

1月から変更される高額療養費の限度額は?
 
 怪我や病気で医療費が高額になってしまった場合、申請により一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が後から払い戻される健康保険の制度が、「高額療養費制度」です。また、事前に医療費が高額になることがわかる場合には、「限度額適用認定証」を提示して支払時に減免された額だけ支払えば済む方法もあり、70歳未満の方で医療費が高額になることが事前にわかっている場合にはこの方法が便利です。払い戻しは病院等から提出される診療報酬明細書(レセプト)の審査を経て行われますので、診療月から3カ月以上はかかるのが通常です。払い戻しまで時間を要するため、医療費の支払いに充てる資金として高額療養費支給見込額の8割相当額を無利子で貸付する「高額医療費貸付制度」もあります。また、申請時には病院等の領収書が必要になります。申請書の提出先は全国健康保険協会または加入している健康保険組合です。なお、他の家族(被扶養者)が同じ月に病気やけがをして医療機関にかかった場合や1人が複数の医療機関で受診した場合などは、自己負担額を世帯で合算することができます。
さらに、高額療養費を受けた月が直近12カ月間に3回以上あったときは、4回目からは自己負担限度額が低減されます(多数回該当)。
 これまで70歳未満の被保険者等に係る自己負担限度額については所得区分が3段階に分かれていましたが、平成27年1月診療分よりこの区分が5段階に細分化されます。自己負担限度額は年齢(70歳未満の人、70歳以上75歳未満の人)と所得により区分されています(70歳以上75歳未満の人について今回は変更なし)。
【70歳未満の人の区分】
(1)標準報酬月額83万円以上の人
252,600 円+(医療費−842,000円)×1%[多数回該当:140,100円]
(2)標準報酬月額53万円以上83万円未満の人
167,400 円+(医療費−558,000 円)×1%[多数回該当:93,000円]
(3)標準報酬月額28万円以上53万円未満の人
80,100 円+(医療費−267,000円)×1%[多数回該当:44,400円]
(4)標準報酬月額28万円未満の人
57,600円[多数回該当:44,400円]
(5)市町村民税が非課税の人
35,400 円[多数回該当:24,600円]
posted by 丹保社労士事務所 at 2015年02月03日 | マガジンラック(メルマガ)