プロフィール

丹保敏隆
代表 :丹保敏隆
[丹保社会保険労務士事務所]
石川県小松市日の出町一丁目112
HOWDID118-202
TEL 0761-24-1005

お問い合わせ

丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ
丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ

※お気軽にお問い合わせください。

  • off share オフショア
  • Tambo's スモールトーク
  • アシスタント Blog
  • スタッフ on WEB
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

メールマガジン


【メルマガでーす】
丹保社労士事務所では労務関係の価値あるメルマガを配信しています。無料ですので、どうぞご登録くださいね。
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
メルマガバックナンバーもご覧ください。


石川県 の 社会保険労務士 丹保から No.109

石川県の社会保険労務士 丹保から顧問先の皆様へ

 お盆のころから雨が多くなりました。梅雨は雨が少なく気にしなかったのに、傘をなくしたのが今になって効いてきました。もっとも、夏の雷に急な雨では傘を持っていても役に立たないかも知れません。暑さが和らぐのとは関係がありませんが、ようやく雇用保険などマイナンバーの具体的な取り扱いが少し見えてきました。マイナンバーやメンタルヘルスなど課題の多い秋になりそうです。


■目次 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

1 <<<<< ワンポイントクイズ  ;就業規則一括届出制度とは
2 <<<<< 今月のお知らせ;『もっと 輝いて いいんだよ!』朗読&講演会
                 ;白山市セーリング協会ヨットカヌー試乗会
3 <<<<< 気になるニュース ;「マイナンバー制度」雇用保険関係情報
                 ;職場でのLGBT(性的少数者)への対応
                 ;平成27年度 最低賃金額引上げの目安と
                                 企業の対応
                 ;要介護認定600万人突破で
                          「介護離職者対策」が重要に
                 ;厚生年金・国民年金が運用好調で黒字最高に
                 ;雇用保険料引下げへ議論開始
                 ;障害基礎年金の支給認定基準の指針まとまる
                 ;育児・介護休業法改正で
                          「里親の育休取得」を可能に
                 ;大学の講座受講に補助金を支給へ
                 ;社外取締役の監督機能強化に新指針策定へ
4 <<<<< 広報・リーフレット ;マイナンバー制度(雇用保険関係)
                 ;雇用促進税制
5 <<<<< お役立ちアンサー

■====== 1; ワンポイントクイズ ======================

Q:  就業規則一括届出制度とは
A:  (答えは巻末をご覧下さい)

■====== 2; 今月のお知らせ =======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
____________________
●『もっと 輝いて いいんだよ!』朗読&講演会
フジテレビ『とくダネ!』の笠井信輔アナと白山市在住ひかり詠みびと白潟美栄子氏とのコラボ
【日時】平成27年9月12日(土)19:00 〜 21:00(開場:18:30)
【会場】白山市松任学習センター2階・ライブシアター(JR松任駅前)
【参加費】大人1,500円・高校生以下1,000円(当日券:2,000円)
【定員】 120名  ※先着120名様にて〆切とさせていただきます。
【チケット販売店】アピタ松任ティオプレイガイドほか
【問い合わせ】輝き・実行委員会 090-7082-4535(岩上)
_________
●ヨットカヌー試乗会
ディンギーと呼ばれるビーチスタートの小型艇を使って船が初めての子供さん達にもヨットに親しんでもらえるよう開催されるイベントです。当日の天候と海のコンディションにより流動的ですが、ビーチスタートの小舟は自転車みたいで魅力的です。
主催:白山市セーリング協会  
日時:平成27年8月23日(日)10時30分頃から13時頃まで
場所:白山市海洋センター(白山市相川町、シーサイド松任そば)
駐車:海洋センター駐車場をご利用ください(徳光側は混雑の見込み)
費用:無料(飲み物・着替え・日焼け止め、その他の準備は必要です)
   ※海洋センター内にシャワー室があります、着替えもできます
   ※ビーチスタートで濡れます、着替えを準備した方が無難です
   ※貴重品は海に流すおそれがあります、管理にご配慮ください

■====== 3; 気になるニュース ======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
___________________
「マイナンバー制度」雇用保険関係情報
厚生労働省から「概要リーフレット」「マイナンバー制度の導入に向けて(雇用保険業務)」「雇用保険業務等における社会保障・税番号制度への対応に係るQ&A」など雇用保険関係のマイナンバー制度に関する情報が続々と公表
___________________
職場でのLGBT(性的少数者)への対応
「LGBT」とは、L:レズビアン、G:ゲイ、B:バイセクシャル、T:トランスジェンダーの総称(その他の性的少数者は含まない)で、民間企業では結婚祝金や結婚休暇の制度を採用している企業も
________________________
平成27年度 最低賃金額引上げの目安と企業の対応
地域別最低賃金額が、Aランク⇒19円・Bランク⇒18円・Cランク⇒16円・Dランク⇒16円、各地方最低賃金審議会で目安額通りに10月から引上げとなる見込み
_______________________________
要介護認定600万人突破で「介護離職者対策」がますます重要に!
2015年3月時点で要支援・要介護の認定を受けた人は606万人と前年同月に比べ22万人の増加、介護離職者の増加に歯止めをかけるため介護休業制度を複数回に分けて取れるように制度を見直す方針
_____________________
厚生年金・国民年金が運用好調で黒字最高に
2014年度年金特別会計の収支決算は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用成績が好調で15兆2,626億円の運用収益を上げたことを背景に、厚生年金は4年連続の黒字(13兆390億円)、国民年金は6年連続の黒字(8,046億円)
______________
雇用保険料引下げへ議論開始
雇用情勢の改善により積立金が6兆円を超えたことを受け、厚生労働省が雇用保険料の引下げに向けた議論をスタート、失業給付に当てる保険料を現在の1%から0.8%に下げる方向
_____________________
障害基礎年金の支給認定基準の指針まとまる
地域によってばらつきがある「障害基礎年金」を支給判定する際の精神知的障害認定方法是正を図る統一基準となる指針がまとまり来年1月以降に運用開始
_________________________
育児・介護休業法改正で「里親の育休取得」を可能に
厚生労働省の研究会が特別養子縁組を結ぶ里親が育児休業を取得することを認める報告書を7月末にもまとめ、0歳の養子の里親も特別養子縁組の「試験養育期間」に育休取得が可能に
________________
大学の講座受講に補助金を支給へ
厚生労働省は中小企業の幹部人材育成や女性の再就職を支援することをねらい、大学の社会人向け講座に補助金を支給する方針で、労働政策審議会で対象講座の選定を行い最大6割を支給する見通し
____________________
社外取締役の監督機能強化に新指針策定へ
経済産業省が社外取締役による監督機能の強化に向けた新しい指針を策定、あいまいだった社外取締役の主な役割を会社の業務や取締役会に対する「監督」と明記し事例集も作成する方針

■====== 4; 広報・リーフレット ======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
_________________
マイナンバー制度(雇用保険関係)
_________
雇用促進税制 

■====== 5; お役立ちアンサー ======================

一定の要件を満たせば本社と他の事業場(支社、営業所、店舗など)の就業規則が同じ内容であるときは、本社で一括して届出をすることができます。
一括届出制度は、一括して届け出る本社の就業規則と本社以外の事業場の就業規則が、同じ内容であるものに限り利用することができます。変更届の場合は、対象事業場の変更前の就業規則の内容も同じであることが必要です。本社を含めて事業場の数と同じ部数の就業規則と意見書を用意してください。ただし、同じ監督署管内に複数の事業場がある場合、就業規則は監督署ごとに1 部を提出すれば結構です。この場合も意見書は事業場ごとに1 部必要です。本社以外の対象事業場の名称、所在地及び事業場を管轄する監督署名を記した一覧表を作成してください。
【STEP1】;次の書類を用意してください
1.本社の就業規則届出書※1、意見書及び就業規則本体※2 各2部(正本及び控え)
2.一括届出の対象事業場一覧表 2部※3(正本、就業規則配送作業室提出用)
3.一括届出の対象事業場の意見書※4(正本 事業場ごとに1部必要です。)
4.一括届出の対象事業場の就業規則本体※2(正本 事業場を管轄する監督署ごとに1部必要です。)
※1 事業場名称、所在地、使用者職氏名等が記載されたもの。
※2 変更届の場合は、新旧条文対照表等が記載されたもの。
※3 控えが必要な場合は3部ご用意ください。
※4 各意見書には対象事業場名を明記してください。
【STEP2】;本社の所在地を管轄する労働基準監督署に就業規則一括届出である旨を申し出た上で1〜3を提出して審査を受けます。一括届出の要件を満たしていれば1を受理した控えと2(1部…控えも提出した場合2部)と3が返却されます。(要件が満たされていないときは、本制度を利用することができませんので、原則どおり各事業場の所在地を管轄する労働基準監督署長に直接届けることになります。)          東京労働局HPより

posted by 丹保社労士事務所 at 2015年08月20日 | マガジンラック(メルマガ)