プロフィール

丹保敏隆
代表 :丹保敏隆
[ 丹保社会保険労務士事務所 ]
石川県小松市日の出町一丁目112
HOWDID118-202
TEL 0761-24-1005

お問い合わせ

丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ
丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ

※お気軽にお問い合わせください。

  • off share オフショア
  • Tambo's スモールトーク
  • アシスタント Blog
  • スタッフ on WEB
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

メールマガジン


【メルマガでーす】
丹保社労士事務所では労務関係の価値あるメルマガを配信しています。無料ですので、どうぞご登録くださいね。
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
メルマガバックナンバーもご覧ください。


石川県 の 社会保険労務士 丹保から No.118

石川県の社会保険労務士 丹保から顧問先の皆様へ


 強風のゴールデンウイークの後、小松ではお旅まつり、晴天が続きました。気温も上がってきました。そのせいか、パソコンもウインドウズが暴走を始めて勝手にWINDOUS10にアップグレードし始めました。電源を切らないでということなので、電源を落とせば止まるかと急いでoffにしてみても再度onにすると走り始め、マイクロソフトに電話を入れても“混み合っています”というメッセージが30分以上も続くだけで、アップが終了しました。
続いて、ウイルスソフト無効の表示が出るのでネットとは切断した方が無難かと思い、これも暫らく離しましたが、ほとんどの作業が中断してしまうので堪らずに再接続。復旧までに二日かかって疲れ果て、いまだに被害の全貌が分りません。


■目次 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

1 <<<<< ワンポイントクイズ  ; 事業場での結核予防検査
2 <<<<< 今月のお知らせ;「石川で働く」「M&A体験」「まちづくり」をテーマに
                    石川中央労務研究会第44回研究会を開催
                 ;若手従業員フォローアップ研修
                 ;日本最古の大学ラグビー同慶定期戦
                   〜100年を超える伝統の同志社vs慶應義塾
3  <<<<< 気になるニュース ;妻の月収が増加傾向に
                 ;メタボ健診2018年度から新たな方法に
                 ;介護職員の精神疾患による労災申請が
                                 5年で2倍に
                 ;早期再就職に対する「再就職手当」を増額へ
                 ;厚生労働省「分割案」が浮上
                 ;厚生労働省の無期転換ルール支援策
                 ;介護職員の精神疾患急増で対策を見直し
                 ;見直しが迫られる内部通報制度
                 ;勤務間インターバル制度に助成金検討
                 ;育児と介護のダブルケアの就労実態
                 ;人材不足問題は依然深刻で企業経営を圧迫
                 ;第三の企業年金
                       「リスク分担型確定給付企業年金」
                 ;「外国人労働者の受入れ拡大案」の概要 
4  <<<<< 広報・リーフレット ;キャリア形成促進助成金
                 ;キャリアアップ助成金
5  <<<<< お役立ちアンサー

■====== 1; ワンポイントクイズ ======================

Q:  事業場での結核予防と検査は?
A:  (答えは巻末をご覧下さい)

■====== 2; 今月のお知らせ =======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
_____________________________________________________
「石川で働く」と「M&A体験」と「まちづくり」をテーマ
        石川中央労務研究会第44回研究会を開催
 
件 名 石川中央労務研究会第44回研究会
日 時 平成28年6月25日(土)午後1時30分から5時
場 所 石川県立大学アイバード2Fセミナールーム
テーマ 「石川で働く!を応援(就労支援に関わり感じること)」
    「M&Aを経験して・・・(一社員の立場から)」
    「カブツキタウン小松まちづくり」
参加費 無料(会員外オブザーバ参加も無料ですが申込は必要です)
申 込 6月15日(火)まで:会員外の参加も歓迎します
懇親会 研究会終了後に「我楽」で、懇親会(食事会)を予定
     ※申込必要、懇親会のみの参加も可
     (会費3,000円、アルコールなし、キャンセル料あり)
______________________________
若手従業員フォローアップ研修
若手社員の職場定着や従業員が安心して働ける環境づくりにむけ、職場での円滑なコミュニケーション・チームワーク・モチベーション向上などをポイントとしたグループワーク中心の研修を実施
日 時  平成28年6月9日(木) 9:00〜16:30
場 所  小松商工会議所
対象者  若年従業員(新入社員も受講できます)
受講料  会員事業所 3,000円(昼食代、資料代含む)
     一般    5,000円
申 込  石川中央労務研究所まで
__________________________________
日本最古の大学ラグビー同慶定期戦
〜100年を超える伝統の同志社vs慶應義塾が金沢で開催
大学定期戦最古のものと言われている「第99回 同慶ラグビー定期戦」が、6月に金沢でおこなわれることが決定しました。大学ラグビー招待試合は石川でしばしば行われてきましたが、今回は100年以上の歴史を誇る公式戦であり、両校ラグビー部の正式な歴史に残る伝統の一戦です。
日時:2016年6月12日(日)13時から
会場:石川県西部緑地公園陸上競技場
料金:前売2,000円、当日2,500円
申込:石川中央労務研究所まで

■====== 3; 気になるニュース ======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
______________________
妻の月収が増加傾向に
日本生活協同組合連合会が2015年1〜12月に行った家計簿調査の結果、世帯主年齢60歳未満の家庭の妻の収入が約11万1,700円となり、世帯収入に占める割合も15.7%と、5.1ポイント増
____________________________________
メタボ健診2018年度から新たな方法に
厚生労働省の専門家検討会が、メタボリック症候群を調べる特定健診について、腹囲が基準値以上かを調べる方法から、高血圧や脂質異常、高血糖といった危険因子を重視する方法に改める方針
________________________________________________
介護職員の精神疾患による労災申請が5年で2倍に
うつ病などの精神疾患を発症したとして労災を申請した介護職員が5年間で2倍以上に増え、認定された人も3倍に増加、労災認定も2009年度の10人から2014年度には32人に増加
_________________________________________
早期再就職に対する「再就職手当」を増額へ
厚生労働省は、若年層を中心に高止まりしている長期失業者を減らすことをねらい再就職手当を2017年1月から増額する方針を示し、必要となる約200億円の財源については今年度当初予算で手当て済み
____________________________
厚生労働省「分割案」が浮上
自民党2020年以降の経済財政構想小委員会、現在の厚生労働省の業務が多岐にわたるとして、いくつかの省庁に分割する案や省内の再編を求める声があがり、年末までに具体的政策を取りまとめる予定
__________________________________
厚生労働省の無期転換ルール支援策
有期労働契約が反復更新され通算5年を超えたとき労働者の申込により無期労働契約に転換しなければならない「無期転換ルール」の平成30年度本格的スタートに向け厚生労働省は支援策を発表
_____________________________________
介護職員の精神疾患急増で対策を見直し
仕事上のストレスが原因でうつ病などの精神疾患を発症したとして、労災を申請した介護職員が2014年度までの5年で2倍以上に増え、労災認定された人も約3倍に増加し、業種別の順位でもトップに上昇
______________________________
見直しが迫られる内部通報制度
内部告発を契機に国民生活の安心や安全を損なう企業不祥事が相次いで明らかになっていますが、従業員を解雇等の不利益取扱から保護し、事業者のコンプライアンス経営を強化するため、消費者庁は企業向けの指針を改正する方針を発表
____________________________________
勤務間インターバル制度に助成金検討
厚生労働省が「勤務間インターバル制度(=社員が職場を退社し翌日出社するまでに一定の時間を空ける制度)」を導入した企業に最大100万円の助成金の支給を検討しているとの報道があり「ニッポン一億総活躍プラン」に盛り込まれるとのこと
___________________________________
育児と介護のダブルケアの就労実態
昨今の晩婚化・晩産化等を背景に育児と親の介護を同時に担う「ダブルケア」世帯の問題が注目され、内閣府男女共同参画局「育児と介護のダブルケアの実態に関する調査報告書」で就労の実態が発表
________________________________________
人材不足問題は依然深刻で企業経営を圧迫
2016年の業績見通しについて中小企業経営者に尋ねた産業能率大学の調査結果が公表され、多くの経営者は「人材の不足」が経営活動に影響を与えると想定し、人材の確保対策は急務で優先度の高い経営課題
_______________________________________________
第三の企業年金「リスク分担型確定給付企業年金」
厚生労働省企業年金部会で新たな企業年金制度(景気悪化時の追加拠出が避けられるリスク分担型確定給付企業年金)の案が了承され、早ければ8月にも導入
_____________________________________
「外国人労働者の受入れ拡大案」の概要
自民党の「労働力確保に関する特命委員会」は外国人労働者の受入れを拡大することを提言、建設作業員等の「単純労働者」の受入れも容認し日本人と報酬を同等にし在留期間を「5年間」と設定

■====== 4; 広報・リーフレット ======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください

◆従業員の中長期的なキャリアアップを支援するため、キャリア形成促進助成金(政策課題対応型訓練)に中長期的キャリア形成コース及びキャリアアップ助成金(人材育成コース)に中長期的キャリア形成訓練を創設
キャリア形成促進助成金(パンフレット)
 
キャリアアップ助成金(パンフレット)
 
キャリアアップ助成金(リーフレット)
 

■====== 5; お役立ちアンサー ======================

事業場での結核予防と検査は?
結核はかつて「国民病」と恐れられ、重大な公衆衛生上の問題でした。そこで昭和26年に改正された結核予防法を軸に、総合的な対策が進められました。
事業場での健康診断でも、雇入れ時や定期健康診断に胸部エックス線検査等が定められている他、
発病のおそれがあると診断された労働者には約半年後に再度検査を行う「結核健康診断」もありました。
その後大幅に罹患が抑制され、結核予防法が平成19年に廃止されると、前記の結核健康診断の規定も平成21年に削除されました。
それでも完全に結核がなくなったわけではなく、今も一定程度の罹患者が発生することから、注意が必要なことに変わりはありません。
現行法では、一定の基準を満たせば定期健康診断の胸部エックス線検査を省略できますが、雇入れ時については省略できません。
また、当該検査で病変が見つかれば、かく痰検査を行います。以前より簡略化されていますが、先日起きた感染は健診の結果が見落とされていた可能性があるようです。
異常の所見を確実に把握することが最大の予防といえるでしょう。 (提供:労働新聞社)

posted by 丹保社労士事務所 at 2016年05月20日 | マガジンラック(メルマガ)