プロフィール

丹保敏隆
代表 :丹保敏隆
[ 丹保社会保険労務士事務所 ]
石川県小松市日の出町一丁目112
HOWDID118-202
TEL 0761-24-1005

お問い合わせ

丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ
丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ

※お気軽にお問い合わせください。

  • off share オフショア
  • Tambo's スモールトーク
  • アシスタント Blog
  • スタッフ on WEB
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

メールマガジン


【メルマガでーす】
丹保社労士事務所では労務関係の価値あるメルマガを配信しています。無料ですので、どうぞご登録くださいね。
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
メルマガバックナンバーもご覧ください。


石川県 の 社会保険労務士 丹保から No.121

石川県の社会保険労務士 丹保から顧問先の皆様へ


 暑さも少し和らぎましたが、まだまだ水が気持ちよくビールが美味しく感じます。

■目次 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

1 <<<<< ワンポイントクイズ  ;パワーハラスメント対策
2 <<<<< 今月のお知らせ;石川中央労務研究会第45回研究会を開催
3 <<<<< 気になるニュース ;出生時両立支援助成金が今年度から新設
                ;自動車運転者に関する「相互通報制度」の改正
                ;職場のエアコン設定温度
                ;介護職員の離職率が16.5%
                ;就活日程は来年も「説明会3月、面接6月」
                ;改正個人情報保護法の保護対象を明確化
                ;最低賃金が過去最大の24円引上げ
                ;年金受給資格10年に短縮し無年金者救済
                ;「マタハラは懲戒事由」就業規則に明記
                ;バイト時給額が前年同月比2.2%上昇
                ;「歓送迎会後の帰社途中の事故死は労災」
                                      最高裁判決 
                :「働きやすさ」が一目でわかるサイト開設
4 <<<<< 広報・リーフレット ;職場意識改善助成金(職場環境改善コース)
                ;職場意識改善助成金(所定労働時間短縮コース)
                ;職場意識改善助成金(テレワークコース)
5 <<<<< お役立ちアンサー


■====== 1; ワンポイントクイズ ======================

Q:  パワーハラスメント対策導入のポイントは?
A:  (答えは巻末をご覧下さい)

■====== 2; 今月のお知らせ =======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
____________________________
●「初めての年金」と「情報セキュリティ」と「ストレスの悩み」がテーマ
 石川中央労務研究会第45回研究会を開催
件 名 石川中央労務研究会第45回研究会
日 時 平成28年9月24日(土)午後1時30分から5時30分
場 所 石川県立大学アイバード2Fセミナールーム
テーマ 「初めての年金」
    「小規模企業の情報セキュリティ対策」
    「不安とストレスに悩まない3つの習慣」
参加費 無料(会員外オブザーバ参加も無料ですが申込は必要です)
申 込 9月17日(土)まで:会員外の参加も歓迎します
懇親会 研究会終了後に懇親会(食事会)を予定
     ※申込必要、懇親会のみの参加も可
(懇親会場は未定、会費3,000〜4,000円、アルコールなし、キャンセル料あり)

■====== 3; 気になるニュース ======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
___________________
出生時両立支援助成金が今年度から新設
男性労働者に子の出生後8週間以内に開始する連続14日以上(中小企業は連続5日以上)の育児休業(1年度につき1人まで)を取得させた事業主に助成金
___________
女性管理職登用の実態
厚生労働省「雇用均等基本調査」によると、課長相当職以上の女性管理職(役員を含む)を有する企業の割合は59.1%(平成25 年度調査では51.4%)、係長相当職以上の女性管理職を有する企業割合は65.9%(同59.2%)
______________________
自動車運転者に関する「相互通報制度」の改正
通報制度概要スライド
自動車運転者について健康起因事故が増加傾向にある状況を踏まえ、労働安全衛生法に基づく健康診断を実施していないなどの違反についても相互に通報するという内容で改正
____________
職場のエアコン設定温度
夏のオフィスにおける空調機器のアンケート調査によると、7割以上のオフィスで冷房の設定温度が決められ、28℃(28.2%)が最多、次いで26℃(18.4%)、27℃(16.6%)
_____________
介護職員の離職率が16.5%
介護労働安定センター「介護労働実態調査」によると、2014年10月から1年間の介護職員の離職率が16.5%と前年度から横ばい
_____________________ 
就活日程は来年も「説明会3月、面接6月」
経団連は2018年春入社の大学生の就職採用活動の解禁日ついて、会社説明会を3月1日から面接を6月1日からとする方向で調整、就活ルールの抜本見直しは2018年(2019年入社)以降に先送り
___________________
改正個人情報保護法の保護対象を明確化
個人情報保護委員会は改正個人情報保護法の政令・規則案を公表し、マイナンバーや旅券番号、免許証番号、基礎年金番号などの公的番号も個人情報に当たると明示
_________________
最低賃金が過去最大の24円引上げ
中央最低賃金審議会は2016年度の最低賃金(全国平均時給)の目安について24円引き上げ822円と答申、厚生労働省では業務改善助成金・キャリアアップ助成金を拡充し中小企業の賃上げ支援策を強化する方針
____________________
年金受給資格10年に短縮し無年金者救済
政府は年金受給資格を得られる加入期間を10年に短縮する無年金者救済策について「2017年度中に確実に実施できるよう法案を提出する」ことを明記した経済対策案を与党に提示
___________________
「マタハラは懲戒事由」就業規則に明記
生労働省はマタハラについて加害者が懲戒処分の対象となることを就業規則に明記することなど企業が取るべき具体策を盛り込んだ指針を決定
__________________
バイト時給額が前年同月比2.2%上昇
リクルートジョブズによると三大都市圏のアルバイト・パートの6月の募集時平均時給は988円と前年同月比で2.2%上昇、2006年の調査開始以来の最高額で36か月連続で前年同月比プラス
_________________________
「歓送迎会後の帰社途中の事故死は労災」最高裁判決
職場の歓送迎会終了後に残業のため帰社する途中に交通事故で死亡した男性の労災認定について争われた訴訟で最高裁判所は「労災に当たる」との判断
____________________
「働きやすさ」が一目でわかるサイト開設
厚生労働省はどの企業で女性が活躍しているか有給休暇の取得率が高いか等の「働きやすさ」が一目でわかるデータベースを作成、すでに女性活躍への取組みや若者の就労促進に積極的な企業の情報を集めたデータベースを1つにまとめ情報量や検索機能も大幅に拡大

■====== 4; 広報・リーフレット ======================
見出しの赤い文字をクリックして関連資料をご覧ください
____________________
職場意識改善助成金(職場環境改善コース)
 労働時間等の設定の改善により、所定外労働時間の削減や年次有給休暇の取得促進を図る中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成
______________________
職場意識改善助成金(所定労働時間短縮コース)
労働時間等の設定の改善により、所定労働時間の短縮を図る中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成
____________________
職場意識改善助成金(テレワークコース)
労働時間等の設定の改善および仕事と生活の調和の推進のため、終日、在宅またはサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成

■====== 5; お役立ちアンサー ======================

パワーハラスメント対策導入は?
 職場でパワーハラスメントが発生した場合、相談対応はどのような点を注意すべきか、また、パワーハラスメントかどうか判断に迷った場合どうすればよいかといった、相談対応方法に悩んでいる企業は少なくないと指摘されています。厚生労働省は、この程、職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた取組を推進するため、「パワーハラスメント対策導入マニュアル」(第2版)を作成し公表しました。今回のマニュアルには、従業員からパワーハラスメントについて相談があった場合の対応方法が新たに盛り込まれています。

=社内相談窓口の設置と運用のポイント=
1.相談窓口の設置
 相談窓口には内部相談窓口と外部相談窓口がある。
2.相談窓口(一次対応)
 秘密が守られることや不利益な取り扱いを受けないことを明確にする。
3.事実関係の確認
 相談者と行為者の意見が一致しない場合は、第三者に事実確認を行う。
4.行為者・相談者へのとるべき措置の検討
 被害の大きさ、事実確認の結果、行為者または相談者の行動や発言に
 問題があったと考えられる点、就業規則の規定、裁判例などを踏まえて、
 対応を検討する。パワーハラスメントがあったと明確に判断することが
 できないは、行動や発言にどう問題があったのかを明確にすることで、
 事態の悪化を防ぐ。
5.行為者・相談者へのフォローアップ
 相談者・行為者の双方に対して、会社として取り組んだことを説明する。
6.再発防止策の検討
 予防策に継続的に取り組むことで再発防止につなげる。

※今回公表されたマニュアル(第2版)では、「社内相談窓口の設置と運用のポイント」として、新たに相談対応の方法が加えられました。このパワーハラスメント対策導入マニュアルは、都道府県労働局や労働基準監督署、労使団体など全国で5万部が配布されます。
 また、ポータルサイト「あかるい職場応援団」からも無料でダウンロードできます。  ⇒ https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/jinji/download/

posted by 丹保社労士事務所 at 2016年08月22日 | マガジンラック(メルマガ)