プロフィール

丹保敏隆
代表 :丹保敏隆
[丹保社会保険労務士事務所]
石川県小松市日の出町一丁目112
HOWDID118-202
TEL 0761-24-1005

お問い合わせ

丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ
丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ

※お気軽にお問い合わせください。

  • off share オフショア
  • Tambo's スモールトーク
  • アシスタント Blog
  • スタッフ on WEB
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

メールマガジン


【メルマガでーす】
丹保社労士事務所では労務関係の価値あるメルマガを配信しています。無料ですので、どうぞご登録くださいね。
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
メルマガバックナンバーもご覧ください。


人材開発支援助成金 人材開発支援助成金 人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)

助成金を活用して “労働環境等の改善”に取り組むことができます
人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)
有期契約労働者等に対する職業訓練を実施する場合に、受給の可能性があります!
jyoseikin_1810.jpg
jyoseikin_1810.pdf
受給できる事業主
次のいずれにも該当する雇用保険の適用事業所の事業主
【1】都道府県労働局長の受給資格認定を受けた職業訓練計画に基づき、有期契約労働者等(※)に対し以下の訓練を実施すること
   @一般職業訓練(OFF−JT)(育児休業中訓練、中長期的キャリア形成訓練を含む)
   A有期実習型訓練(OFF−JTとOJTを組み合わせた職業訓練)
   B中小企業等担い手育成訓練(業界団体を活用したOFF−JTとOJTを組み合わせた職業訓練)
【2】訓練時間内の対象労働者に賃金を支払うこと
【3】次の全ての書類を整備していること
   @対象労働者に係る職業訓練等の実施状況を明らかにする書類
   A職業訓練等に要する経費等の負担状況を明らかにする書類
   B対象労働者に対する賃金の支払状況を明らかにする書類
【4】職業訓練計画実施期間開始日の前日から起算して過去6ヵ月前の日から支給申請書の提出日までの間 に、事業主の都合による離職、または一定の割合を超えた特定受給資格者となる離職者がいないこと
【5】実施するそれぞれの訓練区分に応じた訓練計画届を作成し、管轄労働局長の認定を受けること
(※)有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者等、いわゆる非正規雇用の労働者(正社員待遇を受けていない無機雇用労働者を含む)


posted by 丹保社労士事務所 at 2018年10月20日 | 助成金・補助金