プロフィール

丹保敏隆
代表 :丹保敏隆
[丹保社会保険労務士事務所]
石川県小松市日の出町一丁目112
HOWDID118-202
TEL 0761-24-1005

お問い合わせ

丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ
丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ

※お気軽にお問い合わせください。

  • off share オフショア
  • Tambo's スモールトーク
  • アシスタント Blog
  • スタッフ on WEB
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

メールマガジン


【メルマガでーす】
丹保社労士事務所では労務関係の価値あるメルマガを配信しています。無料ですので、どうぞご登録くださいね。
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
メルマガバックナンバーもご覧ください。


石川県 の 社会保険労務士 丹保から No.35

石川県の社会保険労務士 丹保から顧問先の皆様へ

 震災から一年、風は冷たくても陽射しは春になってきました。卒業式が終わると自動車を買ってもらった新規免許のドライバーが就職や入学の準備に走り回るのが、車がないと通勤すらできない地方都市の3月でした。でも、ここ何年かのうちに運転免許を持たない人や自動車を買わない新卒が少しずつ増えてきています。親の世代が免許や車や保険の負担に耐えられないのかもしれません。


■目次 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
1 <<<<< ワンポイントクイズ  ;協会けんぽ保険料率の引き上げ
2 <<<<< 今月のお知らせ ;日本経済に頼らない自己資産の作り方
                ;ワンランク上のFacebook活用方
                ;マインドマップ入門ロジカルシンキング
3 <<<<< 気になるニュース ;有期雇用規制等を労政審に諮問
                ;建設業の許可・更新時に社会保険加入確認
                ;「65歳までの再雇用義務付け」法案提出へ
                ;製造業の労働生産性指数4.9%低下
                ;上海市が最低賃金を引き上げ
                ;一般労働者の所定内給与0.2%上昇
                ;12年3月高卒予定者の就職内定率80.4%
                ;日本の労働生産性OECD加盟国中20位
4 <<<<< 広報・リーフレット ;介護労働者設備等導入奨励金
                ;社会福祉施設における労働災害防止
                ;雇用促進税制に関するQ&A
                :雇用調整助成金ガイドブック
5 <<<<< お役立ちアンサー

■====== 1; ワンポイントクイズ ======================

Q: 健康保険料の引き上げはいつからどれだけ?
A:  (答えは巻末をご覧下さい)


■====== 2; 今月のお知らせ =======================
_____________________________
●長期投資フォーラム〜日本経済に頼らない自己資産の作り方〜
講 師:仲木威雄氏・中野晴啓氏・田口智隆氏・石井達也氏
日 時:2012年 3月10日土曜日 13:00〜17:00
場 所:石川県地場産業振興センター 本館第三研修室
参加費:1,000円
主 催:株式会社チェンジプロモート
内 容:第一部 講師4名それぞれの「長期投資」についての考え方
    第二部 4名のパネルディスカッションと質問タイム
 ※終了後は「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」として交流会を開催
_________________
ワンランク上のFacebook活用方
セミナーで出会った人とお友達になって楽しいソーシャルメディアライフを皆さんで共有しましょう。気楽に参加できます
日時:平成24年3月13日(火)19時〜21時
会場:石川県小松市北浅井町ダイイチビル3階
会費:2500円  定員:10名
申込:スマイル・フェイス・ファクトリー(担当:ハヤシ)
TEL:0761-46-5339  mail:info@egao-seisaku.com
_________________________
●マインドマップ入門講座 ぷらす ロジカルシンキング
マインドマップ入門講座とアタマの使い方のヒントになる講座をセットにしました
日 時:3月10日(土) 13;10〜16:50
講 師:マインドマップアドバイザー 永江信彦
主 催:オフィスまなぶき
参加費:3,000円
会 場:ITビジネスプラザ武蔵 5階 会議室2


■====== 3; 気になるニュース ======================
_____________________________
有期雇用規制等の「労働契約法改正案」を労政審に諮問
「労働契約法改正案」
小宮山厚生労働大臣は、有期労働契約が5年を超えて反復更新された場合は労働者の申込みにより無期労働契約に転換させる仕組みの導入などを盛り込んだ「労働契約法改正案」の要綱を労働政策審議会に諮問
 
___________________________
建設業の許可・更新時に社会保険加入状況を確認へ
国土交通省は、建設業の許可・更新時に社会保険加入状況を確認する制度を2012年度にも導入する方針で、2017年度までに全ての許可業者の社会保険加入を目指し指導後も加入しない業者は営業停止などの処分を行うことも検討
____________________
「65歳までの再雇用義務付け」法案提出へ
労働政策審議会は「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の一部を改正する法律案要綱」について「おおむね妥当」とした雇用対策基本問題部会報告を了承し、厚生労働省では通常国会に改正法案を提出する予定
_________________________
製造業の労働生産性指数、前年同月比4.9%低下
日本生産性本部は2011年12月の労働生産性指数を発表し、製造業の労働生産性指数は94.7(2005年=100)で前年同月と比べ4.9%低下
_______________
上海市が最低賃金を引き上げ
上海市は国民の所得を向上させる政策の一環として労働者の法定最低賃金を4月1日に13.3%引き上げ月1,450元(約1万8,500円)にすると発表  
_______________________
一般労働者の所定内給与、前年比0.2%上昇
厚生労働省は2011年賃金構造基本統計調査の結果を公表し、フルタイムで働く一般労働者の賃金は29万6,800円で前年と比べ0.2%上昇、正社員が前年比0.4%増31万2,800円、非正社員が同1.1%減19万5,900円
_______________________
12年3月高卒予定者の就職内定率80.4%
文部科学省は「2012年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況」を公表し、11年12月末の就職内定率は80.4%で昨年同期から2.5ポイント上昇、就職内定率の高い順に富山県(94.1%)石川県(93.4%)福井県(91.6%)
_________________________
日本の労働生産性、OECD 加盟34カ国中20位 
日本生産性本部は「労働生産性の国際比較」を発表、2010年の日本の労働生産性(就業者1人あたりの名目付加価値)は766万円でOECD加盟34カ国中20位、主要先進7カ国(G7)では最下位


■====== 4; 広報・リーフレット ======================
______________
介護労働者設備等導入奨励金
介護サービスの提供事業主が、介護労働者の身体的負担を軽減するために新たに介護福祉機器を導入し適切な運用を行うことにより労働環境の改善がみられた場合に、介護福祉機器の導入費用の1/2(上限300万円)を 支給
____________________
社会福祉施設における労働災害防止のために 
______________
雇用促進税制に関するQ&A
____________________________
雇用調整助成金及び中小企業緊急雇用安定助成金ガイドブック


■====== 5; お役立ちアンサー ======================

協会けんぽ保険料率の引き上げ
協会けんぽ保険料率は、健保協会発足当初は旧政管健保の保険料率を引き継いで、全国一律の82/1000でスタートしましたが、平成21年9月分の保険料からは都道府県単位で保険料率を定めています。平成24年度の保険料率については、協会において以下のとおり都道府県別の保険料率を定められています。都道府県別の保険料については、一般の被保険者は平成24年5月1日に納付の保険料(3月分)から、任意継続被保険者は4月分から、全国平均で現在の9.50%から10.00%へ引き上げられます。また、40歳から64歳までの方(介護保険第2号被保険者)に対する介護保険料についても、1.51%から1.55%へ上がります。協会けんぽの財政については、高
齢者医療への拠出金や医療費が増加する一方、保険料収入のもととなる被保険者の賃金が低迷していることから厳しさを増しており、平成24年度においても引き上げを行わざるを得なったと説明されています。
 協会けんぽ石川支部の平成24年度健康保険料率は10.03%です。
石川県・・・平成24年3月分(4月納付分)から※
健康保険料率 9.52%⇒10.03%(0.51%up)
介護保険料率 1.51%⇒1.55%(0.04%up)
(健康保険料率の全国平均では10.00%、介護保険料率は全国一律)
※任意継続保険料は平成24年4月分からです
1か月当たりの保険料額の増加額  
石川支部の被保険者の標準報酬の平均「26万円」の場合                                
介護保険非該当(40歳未満、65歳以上)24,752円 ⇒26,078円
介護保険該当 (40歳〜64歳まで) 28,678円 ⇒30,108円
保険料は労使折半ですので、事業主・被保険者それぞれ増加額の半額の負担が増えることになります。石川県の協会けんぽ医療費は平成22年度で全国15位となっており、そのことが石川県の保険料率が全国平均を上回っている原因となっています。医療費の削減のため、次のような医療費適正化対策を行われています。
○ジェネリック医薬品の使用促進による医療給付の適正化
○現金給付(傷病手当金など)の審査強化
○保検証の無資格受診対策の強化、発生債権の回収強化
○レセプト点検強化による医療費の適正化
○健診受診率の向上、定期健康診断結果データ提供の取得向上
○糖尿病未治療者に対する早期受診勧奨(平成24年度より開始します)
    ……※保険料上昇の抑制のため協力が求められています。

(都道府県単位保険料率)
北海道 10.12%   青森県 10.00%   岩手県  9.93%
宮城県 10.01%   秋田県 10.02%   山形県  9.96%
福島県  9.96%   茨城県  9.93%   栃木県  9.95%
群馬県  9.95%   埼玉県  9.94%   千葉県  9.93%
東京都  9.97%   神奈川県 9.98%   新潟県  9.90%
富山県  9.93%   石川県 10.03%   福井県 10.02%
山梨県  9.94%   長野県  9.85%   岐阜県  9.99%
静岡県  9.92%   愛知県  9.97%   三重県  9.94%
滋賀県  9.97%   京都府  9.98%   大阪府 10.06%
兵庫県 10.00%   奈良県 10.02%   和歌山県10.02%
鳥取県  9.98%   島根県 10.00%   岡山県 10.06%
広島県 10.03%   山口県 10.03%   徳島県 10.08%
香川県 10.09%   愛媛県 10.03%   高知県 10.04%
福岡県 10.12%   佐賀県 10.16%   長崎県 10.06%
熊本県 10.07%   大分県 10.08%   宮崎県 10.01%
鹿児島県10.03%   沖縄県 10.03%
posted by 丹保社労士事務所 at 2012年03月05日 | マガジンラック(メルマガ)