プロフィール

丹保敏隆
代表 :丹保敏隆
[丹保社会保険労務士事務所]
石川県小松市日の出町一丁目112
HOWDID118-202
TEL 0761-24-1005

お問い合わせ

丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ
丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ

※お気軽にお問い合わせください。

  • off share オフショア
  • Tambo's スモールトーク
  • アシスタント Blog
  • スタッフ on WEB
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

メールマガジン


【メルマガでーす】
丹保社労士事務所では労務関係の価値あるメルマガを配信しています。無料ですので、どうぞご登録くださいね。
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
メルマガバックナンバーもご覧ください。


石川県 の 社会保険労務士 丹保から No.47

石川県の社会保険労務士 丹保から顧問先の皆様へ

 9月に入っても気温は30℃オーバー。忘れていた雨は雷鳴とともにやってきました。気がついたら、車に入れっぱなしだった筈の傘が見当たらなくてひと騒ぎしましたが、傘があっても役に立たない雷雨でした。それでも、海は穏やかだったようで底曳きが解禁になり、久し振りにハタハタの煮たのを金時草の酢の物と食べながら、長い夏の終わりを感じています。

■目次 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
1 <<<<< ワンポイントクイズ   ;標準報酬月額算定の際の現物給与の価額
2 <<<<< 今月のお知らせ ;改正高年齢者雇用安定法が成立
                 ;日本海倶楽部秋の食談〜のともんコラボ〜
3 <<<<< 気になるニュース  ;林業・漁業・農業で就業給付150万円
                 ;「パートの継続希望」は7割超
                 ;2011年における労働争議が過去最少
                 ;職場の飲み会「必要」は約6割
4 <<<<< 広報・リーフレット  ;雇用調整助成金などの支給要件を見直し
                 ;派遣先にも男女雇用機会均等法が適用
                 ;12年版厚生労働白書「社会保障を考える」
5 <<<<< お役立ちアンサー

■====== 1; ワンポイントクイズ ======================

Q: 標準報酬月額算定の際の現物給与の価額算出方法は?
A:  (答えは巻末をご覧下さい)

■====== 2; 今月のお知らせ =======================
_________________
改正高年齢者雇用安定法が成立
希望者全員の65歳までの雇用確保措置を義務付ける改正高年齢者雇用安定法が29日の参院本会議で可決成立、施行は2013年4月1日
________________________
日本海倶楽部秋の食談〜のともんコラボイベント〜
フードアナリストの雅珠香(あすか)さんをゲストに迎え食にまつわるお話を頂きながら日本海倶楽部が用意する当日限定メニュー『のともんコラボ料理』で楽しくおいしい時間をお楽しみください。
日時 9月11日(水) 18:00より
会場 Heart&Beer日本海倶楽部
石川県鳳珠郡能登町字立壁92番地
TEL:0768-72-8181/FAX:0768-72-8282
会費 5000円
定員 24名
_________________
iPhone交流会「りんご塾」in小松
よくわかってない人からなんでこんなに詳しいん?って人まで
 いろいろきてます
日時:平成24年9月18日(火)19時30分〜21時00分
              途中参加途中退室OK
会費:500円(小学生以下無料)
場所:こまつまちづくり交流センター2F(石川県小松市小寺町乙80-1)
…入口から建物の左に入って階段を上…Map 

■====== 3; 気になるニュース ======================
________________
林業・漁業・農業で「就業給付」
農林水産省が、林業と漁業における就業者の減少を防止するため、学生などを対象に年間150万円を給付する制度の導入を検討、農業においては2012年度から給付制度を創設済み→全国新規就農相談センター  
_______________
「パートの継続希望」は7割超
「平成23年パートタイム労働者総合実態調査」の結果、「パートで仕事を続けたい」と回答したパート労働者が71.6%、正社員を希望している人は22%にとどまる
_________________
2011年における労働争議が過去最少
「総争議」は 612 件で2年連続の減少、「争議行為を伴う争議」は 57 件で4年連続の減少、統計を取り始めた1957年以降で最少
________________
採用選考「終了」企業は約4割
人材コンサルティングのディスコは「採用活動に関する企業調査」結果を発表し、7月下旬の調査時点で来春卒業予定者の採用選考を「終了した」企業は40.3%
______________
職場の飲み会「必要」は約6割
インテージが27日発表した20〜59才のビジネスパーソン対象の調査結果によると、職場の飲み会が「必要」との回答は58.9%で、女性30〜50代の5割以上が「必要だ
と思わない」

■====== 4; 広報・リーフレット ======================
_____________________
雇用調整助成金などの支給要件を見直し
「最近3か月の生産量または売上高がその直前の3か月または前年同期と比べ5%以上減少」を、「最近3か月の生産量又は売上高が前年同期と比べ10%以上減少」とし、中小企業事業主で直近の経常損益が赤字であれば5%未満の減少でも助成対象としていましたがこの要件を撤廃、支給限度日数「3年間300日」を平成24年10月1日から「1年間100日」に、平成25年10月1日から「1年間100日・3年間150日」に
____________________
派遣先にも男女雇用機会均等法が適用
派遣先の事業主にも男女雇用機会均等法における「妊娠・出産等を理由とする不利益取扱いの禁止」「セクシュアルハラスメント対策」「妊娠中及び出産後の健康管理に関する措置」が適用され、派遣労働者の性別を特定する行為も禁止
____________________________________
第63回全国労働衛生週間「心とからだの健康チェックみんなで進める健康管理」
過重労働による健康障害やメンタルヘルス不調などの健康問題が重要な課題となっていることから、労働者自身や管理監督者・産業保健スタッフが一丸となって健康管理を進め、労働者の心とからだの健康が確保された職場の実現を目指す
______________________
12年版厚生労働白書「社会保障を考える」を特集
2012年版厚生労働白書、第1部で「社会保障を考える」を特集し社会保障の目的・機能、日本の現状と今後の課題、国際比較などを紹介

■====== 5; お役立ちアンサー ======================

食事・住宅等の現物給与の価格
健康保険・厚生年金保険では、加入者がうける給与を一定の幅で区分した報酬月額に当てはめて決定した標準報酬月額を、保険料や年金額の計算に用いています。標準報酬の額は、交通費等を含めた給与に加え、事業所が提供する宿舎費や食事代等の現物給与も含めて決定されます。このような通貨以外のもので支払われるものの価額(現物給与の額)は、地方の時価により厚生労働大臣が定めることになっており、平成24年4月1日から現物給与の価額が改定(告示)されました。なお、改定にともない、現物給与の価額の取扱いについて、下記のとおり示されています。

・=住宅で支払われる報酬等=・
価額は1畳を単位として設定されています。その算出に当たっては、居間、茶の間、寝室、客間、書斎、応接間、仏間、食事室などの居住用の室を対象とします。このため、玄関、台所(炊事場)、トイレ、浴室、廊下、農家の土間など居住用以外の室や、店、事務室、旅館の客室などの営業用の室は含めません。また、洋間など畳を敷いていない居住用の室については3.3平方メートルを2畳の割合で畳数に換算するほか、居住用と居住用以外が混在している室(ダイニング・キッチン等)は居住用以外の空間を除いて算定することになっています。

・=食事で支払われる報酬等=・
現物給与に相当するもののうち、告示額の3分の2以上に相当する額が本人から食費として徴収されている場合には、現物による食事の供与はないものとして取り扱います。

・=食事および住宅以外の報酬等=・
労働協約に定めがある場合は、その価格を「時価」とします。労働協約に定めがない場合は、実際費用を「時価」とします。また、「時価」の決定に当たっては、税込価格で算定します。
◎現物給与の価額について、健康保険組合では、規約により別段の定めを行っている場合があります。
◎外食等、価額が明確な場合であっても、食事または住宅で支払われる報酬等については、告示額により算定することとされています。

・=厚生労働大臣が定める現物給与の価額=・
(平成21年3月31日厚生労働省告示第231号 平成21年4月1日適用)
(全部改正;平成24年1月31日厚生労働省告示第36号 平成24年4月1日適用)
別表 食事 食事 食事 食事 食事 住宅 その他
 (単位 : 円) 一月 三食 朝 昼 夕 畳1畳 報酬
1 北海道  17,400 580 150 200 230  870 時価
2 青森県  17,100 570 140 200 230  840 時価
3 岩手県  16,800 560 140 200 220  970 時価
4 宮城県  17,700 590 150 210 230 1,250 時価
5 秋田県  17,100 570 140 200 230  930 時価
6 山形県  18,000 600 150 210 240 1,050 時価
7 福島県  17,400 580 150 200 230 1,000 時価
8 茨城県  17,100 570 140 200 230 1,150 時価
9 栃木県  17,400 580 150 200 230 1,190 時価
10 群馬県  17,100 570 140 200 230 1,060 時価
11 埼玉県  17,700 590 150 210 230 1,580 時価
12 千葉県  18,000 600 150 210 240 1,530 時価
13 東京都  18,900 630 160 220 250 2,400 時価
14 神奈川県 18,300 610 150 210 250 1,900 時価
15 新潟県  17,400 580 150 200 230 1,080 時価
16 富山県  17,400 580 150 200 230 1,090 時価
17 石川県  18,000 600 150 210 240 1,130 時価
18 福井県  18,300 610 150 210 250  990 時価
19 山梨県  17,700 590 150 210 230 1,100 時価
20 長野県  18,000 600 150 210 240 1,030 時価
21 岐阜県  17,400 580 150 200 230 1,020 時価
22 静岡県  17,700 590 150 210 230 1,280 時価
23 愛知県  17,700 590 150 210 230 1,300 時価
24 三重県  17,400 580 150 200 230 1,080 時価
25 滋賀県  18,000 600 150 210 240 1,170 時価
26 京都府  18,600 620 160 220 240 1,450 時価
27 大阪府  18,000 600 150 210 240 1,480 時価
28 兵庫県  18,000 600 150 210 240 1,290 時価
29 奈良県  18,000 600 150 210 240 1,060 時価
30 和歌山県 18,000 600 150 210 240  920 時価
31 鳥取県  17,700 590 150 210 230  950 時価
32 島根県  18,600 620 160 220 240  910 時価
33 岡山県  17,100 570 140 200 230 1,140 時価
34 広島県  17,700 590 150 210 230 1,170 時価
35 山口県  17,700 590 150 210 230  910 時価
36 徳島県  17,100 570 140 200 230  990 時価
37 香川県  17,100 570 140 200 230 1,010 時価
38 愛媛県  17,400 580 150 200 230  950 時価
39 高知県  17,700 590 150 210 230  910 時価
40 福岡県  17,400 580 150 200 230 1,150 時価
41 佐賀県  17,100 570 140 200 230  900 時価
42 長崎県  17,400 580 150 200 230  920 時価
43 熊本県  17,100 570 140 200 230  990 時価
44 大分県  17,100 570 140 200 230  950 時価
45 宮崎県  17,100 570 140 200 230  890 時価
46 鹿児島県 17,700 590 150 210 230  950 時価
47 沖縄県  17,400 580 150 200 230  970 時価
posted by 丹保社労士事務所 at 2012年09月05日 | マガジンラック(メルマガ)