プロフィール

丹保敏隆
代表 :丹保敏隆
[丹保社会保険労務士事務所]
石川県小松市日の出町一丁目112
HOWDID118-202
TEL 0761-24-1005

お問い合わせ

丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ
丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ

※お気軽にお問い合わせください。

  • off share オフショア
  • Tambo's スモールトーク
  • アシスタント Blog
  • スタッフ on WEB
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

メールマガジン


【メルマガでーす】
丹保社労士事務所では労務関係の価値あるメルマガを配信しています。無料ですので、どうぞご登録くださいね。
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
メルマガバックナンバーもご覧ください。


石川県 の 社会保険労務士 丹保から No.55

石川県の社会保険労務士 丹保から顧問先の皆様へ

 雪の正月は気合が入ります。まず除雪。御神酒は越前の「黒龍」、冷やかロックを奨められたがぬる燗で。澄ましの雑煮に、かいぼしゴボウ、まだ母親は作り方を忘れてはいなかったようです。福梅とお茶で一服したあと、問題は初詣。事務所を移転したら産土の神社が何処なのか分らず、お祭りのある小松市内の神社にお参りしてきました。遅くからでも、土地の神様にはご挨拶しておかなくてはなりません。

■目次 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

1 <<<<< ワンポイントクイズ;20歳の年金手続きは?
2 <<<<< 今月のお知らせ ;平成25年度の雇用保険料率
                 ;ほめ達検定3級2級同日開催
3 <<<<< 気になるニュース;勤務間インターバル規制の導入
                 ;仕事へのエンゲイジメント
                 ;「心の病」30・40歳代が最多年齢層
4 <<<<< 広報・リーフレット;年金記録の「よくある相談事例」
5 <<<<< お役立ちアンサー

■====== 1; ワンポイントクイズ ======================

Q: 20歳になったら年金はどのような手続きが必要ですか
A:  (答えは巻末をご覧下さい)

■====== 2; 今月のお知らせ =======================
______________
平成25年度の雇用保険料率 
平成25年4月1日から平成26年3月31日までの雇用保険率については平成24年度から変更ありません
_____________
ほめ達検定3級2級同日開催
ほめる達人になって他人も自分も輝かせよう!
日 時:平成25年3月3日 日曜日 3級 9:30〜 2級 13:30〜
場 所:石川県地場産業振興センター 本館 第二研修室
参加費:3級5,000円 2級10,000円  ※2級再受講の場合は5,000円
主 催:NPO法人百万石ワールドカフェ
申 込:3級のお申し込みはコチラ  http://bit.ly/SZM3xT
    :2級のお申し込みはコチラ  http://bit.ly/VtDHxh

■====== 3; 気になるニュース ======================
________________
勤務間インターバル規制の導入
時間外休日労働が容易に認められる現行の長時間労働規制では抑制は不十分との判断の下、労働安全衛生の観点を踏まえた勤務間インターバル規制の導入に向けた取組が高まるとの考え
_____________
仕事へのエンゲイジメント
人事労務役職者・ビジネスパーソンともに8割以上が意欲と活力にあふれ仕事に積極的に取り組むエンゲイジメントの向上が組織にとって必要との考え
_______________________
1企業当たりのパート数、調査開始以来の最高値
「2012年企業活動基本調査速報」結果によると1企業当たりの従業員数は456人で前年度と比べ0.4%減少、うち正社員が301人、パートタイム従業者数は128人で、正社員数は調査開始以来最も少なくパートタイム従業者数は調査開始以来最高値
____________________________
非正規雇用労働者の能力開発抜本強化に関する検討会報告書
厚生労働省「非正規雇用労働者の能力開発抜本強化に関する検討会」は正規・非正規にかかわらず能力開発機会を提供しキャリアアップを支援する視点で報告書を公表
_______________________
「心の病」の割合、30・40歳代が最多年齢層
うつ病など「心の病」を抱える従業員の年齢層は、30歳代の割合が58.2%から34.9%と減少、40歳代が22.3%から36.2%に増加、10〜20歳代も13.9%から18.8%に増加

■====== 4; 広報・リーフレット ======================
________________________
パンフレット:年金記録の「よくある相談事例」
国民年金記録、厚生年金記録、みんなが知りたい「あんなこと」「こんなこと」

■====== 5; お役立ちアンサー ======================
日本国内に居住している20歳から60歳までの人は国民年金の被保険者となります。20歳になれば、厚生年金保険加入者や共済組合加入者またはその配偶者に扶養されている人を除き、国民年金第1号の加入手続きをすることが必要です。手続きは市役所または町村役場で行います。また、国民年金第1号被保険者は毎月保険料を納めることが必要です。保険料を納めることが難しいときは納付猶予制度などがあります。
______________________
・・・国民年金加入手続と、その後の流れ・・・
1.「国民年金資格取得届」を提出
 20歳の誕生月の前月に年金機構から届く「国民年金資格取得届」に必要事項を明記し、市役所または町村役場もしくは年金事務所に提出してください。また、保険料の若年者納付猶予制度や学生納付特例制度の申請書を同時に提出することもできます。(学生納付特例制度の申請をされる場合は、学生であることの証明が必要です)付加保険料の納付(定額保険料のほかに月額400円を追加して納付することにより将来の老齢基礎年金を増額できる制度)の申し出や、前納を希望する場合は年金事務所に申し出ます。
2.「年金手帳」が届きます
 年金手帳は保険料納付の確認や将来年金を受け取る際に必要です。大切に保管してください。(厚生年金保険の被保険者だった方、共済組合に加入していた方、障害・遺族年金を受給している方(していた方)には届きません)
3.「国民年金保険料納付書」が届きます
 納付書で保険料を納めます。(ご自身の生年月日の前日が含まれる月の分からの保険料)保険料は金融機関のほかコンビニでの納付や電子納付もできます。また、口座振替やクレジット納付も可能です。納付書は保険料の納付猶予などを申請した人にも届きます。
_________________________
・・・保険料を納めることが経済的に難しいとき・・・
国民年金第1号の被保険者は、毎月の保険料を納付する必要があります。しかしながら、所得が少ないなど保険料を納付することが難しい場合は、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」を利用できます(学生の場合は「学生納付特例制度」を利用できます)。
________________________
・・・国民年金保険料免除・納付猶予制度とは・・・
 本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、申請後に承認されると保険料の納付が免除になります。免除される額は、全額、4分の3、半額、4分の1の四種類があります。また、20歳から30歳未満の方は、本人・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、申請後に承認されると保険料の納付が猶予される制度もあります。免除の所得の基準は次の額の範囲内です。
1. 全額免除:(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円
2. 4分の3免除:78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
3. 半額免除:118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
4. 1/4免除:158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
5. 若年者納付猶予制度:(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円
保険料の免除にあたって次の事項にも注意してください。
1. 任意加入をされている人は利用できません。
2. 離職者・震災風水害等の被災者は所得に関係なく該当する場合があります。
3. 保険料の免除制度には退職などによる特例制度もあります。
4. 障害年金受給者や生活保護法による生活扶助受給者は「法定免除」となります。
5. 老齢基礎年金の年金額を計算するときに、保険料の免除や猶予の承認を受けた期間がある場合は、保険料を全額納付した場合と比べて年金額が低額となります。
学生納付特例制度
1. 日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。 本人の所得が一定以下(注1)の学生(注2)が対象となります。なお、家族の方の所得の多寡は問いません。
2. 本年度の所得基準(申請者本人のみ)は次の通りです
118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等
3. 学生とは、大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校及び各種学校、一部の海外大学の日本分校に在学する人で 夜間・定時制課程や通信課程の方も含まれますので、ほとんどの学生が対象となります。
学生納付特例の申請が遅れると、申請日前に生じた不慮の事故や病気による障害について、障害基礎年金を受け取れない場合がありますので、ご注意ください。

*****************************
最後までお読み頂き有り難うございました。人事管理・労務管理に関するご相談は丹保社会保険労務士事務所までお電話ください。賃金給与制度・人事評価制度・就業規則などの見直し改正、給料計算・労働保険・社会保険の事務代行もご相談ください。
posted by 丹保社労士事務所 at 2013年01月07日 | マガジンラック(メルマガ)