プロフィール

丹保敏隆
代表 :丹保敏隆
[丹保社会保険労務士事務所]
石川県小松市日の出町一丁目112
HOWDID118-202
TEL 0761-24-1005

お問い合わせ

丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ
丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ

※お気軽にお問い合わせください。

  • off share オフショア
  • Tambo's スモールトーク
  • アシスタント Blog
  • スタッフ on WEB
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

メールマガジン


【メルマガでーす】
丹保社労士事務所では労務関係の価値あるメルマガを配信しています。無料ですので、どうぞご登録くださいね。
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
メルマガバックナンバーもご覧ください。


石川県 の 社会保険労務士 丹保から No.59

石川県の社会保険労務士 丹保から顧問先の皆様へ

 災害について考える機会が多くなりました。地震や津波については記憶に新しいところですが、火災や水害・雪害・台風など数十年さかのぼると身近な出来事はたくさんあります。父から聞いた大聖寺の町の大火事、母から聞いた手取川の氾濫、遠い昔ではあっても記憶には残っています。戦災・人災まで考えると災害対策は限りなく大きなことになってしまいます。

■目次 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

1 <<<<< ワンポイントクイズ  ;時効で未納の国民年金保険料
2 <<<<< 今月のお知らせ;ボランティアと街づくりをテーマに研究会
                ;日曜こまつ軽トラ市
3 <<<<< 気になるニュース ;飲酒強要「パワハラ」認定
                ;働き盛りで「孤立無業」162万人に
                ;フルタイム労働者の所定内給与が3年連続増加
4 <<<<< 広報・リーフレット ;「後納制度」で年金額アップ
                ;希望者全員の雇用確保
5 <<<<< お役立ちアンサー

■====== 1; ワンポイントクイズ ======================

Q:時効で未納の国民年金保険料の救済は
A:  (答えは巻末をご覧下さい)

■====== 2; 今月のお知らせ =======================
 ・詳細は見出しURLをクリックしてリンク先をご覧ください

●ボランティアと街づくりをテーマに
  石川中央労務第31回研究会
ボランティアと街づくりがテーマ、会員外の方のオブザーバ参加も参加は無料ですが、準備の都合がありますので事前のお申し込みは必要
件 名 石川中央労務研究会第31回業務研究会
日 時 平成25年3月9日(土)午後1時30分から4時まで
場 所 能美市根上学習センター1F会議室 能美市大成町ヌ111
  (JR寺井駅南東・根上総合文化会館東側・根上図書館併設)
テーマ 1.災害ボランティア活動と企業ボランティア
    2.買物弱者支援に向けた協働の街づくり
参加費 無料(会員外の参加も無料ですが事前申込お願いします)
申 込 FaceBookまたは研究会MLへお知らせ下さい
   (当日参加も可能ですが資料等の不足はご容赦ください)

日曜こまつ軽トラ市
軽トラックや軽四自動車に積んできた物がそのまま販売出来て、簡単、
楽ちん!!、採れたて野菜や果物、加工品や手作り品等、何でも販売可能
日時:平成25年3月10日
時間:9:30〜14:00 
   AM 9:30〜オープニングセレモニー   
   AM10:00〜軽トラ市開始!  
会場:中央通り商店街
   (軽トラ市開催時間内は歩行者天国、車両の通行はできません)
   ※駐車場は軽トラ市開催時間内に三日市立体駐車場を無料開放
主催:こまつ軽トラ市実行委員会
   ただ今出店者募集中、出店希望の方、詳細は下記ホームページへ
   【URL】http://komatsuktora.jimdo.com/

■====== 3; 気になるニュース ======================
・詳細は見出しURLをクリックしてリンク先をご覧ください

飲酒強要「パワハラ」認定
飲酒強要などのパワハラを受けたとしてホテル運営会社元社員が会社と元上司に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は一審判決を変更して飲酒強要を不法行為と認定し150万円の支払いを命令
  
コスプレ強要は不当
販売目標に届かなかった罰にコスプレを強要され精神的苦痛を受けたとして、60代女性が会社や上司らに損害賠償を求めた訴訟で、大分地裁)は計22万円の支払いを命令
  
「キャリアチェンジ」をテーマにシンポ
経済産業省はシンポジウム「成長分野を拓く人材のキャリアチェンジと
多様な人材の活躍による事業展開の新たな成長の可能性」を開催、キャリアチェンジとその人材の登用・活用策、新たな事業展開への成長に向けた取り組みについて紹介
  
働き盛りで「孤立無業」162万人に
「社会生活基本調査」を基にまとめた調査結果によると、20歳から59歳の
働き盛りで未婚無職である男女のうち社会と接点がない「孤立無業者」が162万人(2011年時点)に上り2006年の112万人と比べて4割強増加

中退共の累積赤字が200億円に縮小
厚生労働省は昨年11月からの円安・株高の影響で中小企業退職金共済制度(中退共)の累積赤字が1月末時点で約200億円となり2012年3月末時点の1,741億円から9分の1まで縮小と発表

労働災害による死傷者数が3年連続で増加
厚生労働省が2012年の労働災害の速報値を発表し、労働災害による死者が1,046人(前年比6.7%増)でけがや病気で4日以上休業した人を含めた
死傷者は11万4,458人(同2.0%増)と3年連続で増加

フルタイム労働者の所定内給与が3年連続増加
厚生労働省が2012年の「賃金構造基本統計調査」の結果を発表し、フルタイム労働者の所定内給与が月額平均29万7,700円(前年比0.3%増)と3年連続で増加、女性は2年連続で過去最高

■====== 4; 広報・リーフレット ======================
 ・詳細は見出しURLをクリックしてリンク先をご覧ください

「後納制度」で年金額アップ・年金の受給資格を得られます
過去10年以内に国民年金保険料の納め忘れの期間のある人は、平成24年10月から平成27年9月までの3年間に限り、国民年金保険料を納めることができる期間が過去2年から10年に延長

希望者全員の雇用確保を図るための高年齢者雇用安定法が施行
高年齢者が少なくとも年金受給開始年齢までは意欲と能力に応じて働き続けられる環境の整備を目的として、定年に達した人を引き続き雇用する「継続雇用制度」の対象者を労使協定で限定できる仕組みの廃止などが改正内容

■====== 5; お役立ちアンサー ======================

国民年金保険料の後納制度
=過去10年分まで国民年金保険料が納められます!=
 後納制度とは、時効で納めることができなかった国民年金保険料について、平成24年10月から平成27年9月までの3年間に限り、過去10年分まで納めることができる制度です。後納制度を利用することで、年金額が増えたり、納付した期間が不足して年金を受給できなかった方が年金受給資格を得られる場合があります。
 国民年金保険料は、納期限より2年を経過した場合、時効によって納付することができなくなりますが、過去10年間の納め忘れた保険料については、平成24年10月1日から平成27年9月30日までの3年間に限り、厚生労働大臣の承認を受けたうえで、時効により納付できなかった期間の保険料を納付することが可能になりました。(「後納制度」といいます)この後納制度を利用することで、年金額を増やすことはもちろん、納付した期間が不足したことにより年金の受給ができなかった方が年金受給資格を得られる場合があります。ただし、後納制度が施行されても国民年金保険料を徴収する権利が納期限から2年を経過した時点で時効により消滅することについては変更ありません。
 なお、毎月の国民年金保険料の納付は、原則として翌月末日までと定められております。納付期限までに納めないと、障害基礎年金や遺族基礎年金を受給できなくなることがありますので、納め忘れのないようにしてください。また、国民年金を受給するためには、納付済期間や免除期間等の合計が原則25年(300月)必要ですが、平成27年10月以降は、10年(120月)に短縮される予定です(この受給資格期間の短縮は、消費税の改正に合わせて、実施が予定されています)。
=対象者=
 納付済期間及び合算対象期間を合計しても25年に満たないなど、老齢基礎年金の受給権を有しておらず、過去10年以内に未納期間を有する方が対象となります。なお、繰り上げ受給者の方は対象となりません。
≪後納制度のご利用が可能な方≫
(1)20歳以上60歳未満の方:10年以内に納め忘れの期間や未加入期間のある方
(2)60歳以上65歳未満の方:(1)の期間のほか任意加入中に納め忘れの期間がある方
(3)65歳以上の方      :年金受給資格がなく、(1)(2)の期間がある方
※老齢基礎年金受給者は対象から除かれます。
=対象保険料=
 すでに2年の時効が経過して納付できなくなった国民年金保険料で、後納のお申込みを承認した日の属する月前10年以内のものが対象です。なお、後納制度の対象となる保険料の月数や加算額を含めた納付額は、「ねんきんネット」の『追納・後納等可能月数と金額の確認』から確認することができます。
=納付期限=  平成27年9月30日
 対象保険料は、対象月から起算して10年後の月末が納期ですが、平成27年9月30日を過ぎて納付することはできません。1ヵ月分を後納することにより増額される年金額の目安は、年額約1,638円(平成24年度)です。なお、後納した場合にどれだけ年金額が増えるかの試算は、「ねんきんネット」の『年金見込額試算』で行うことができます。
posted by 丹保社労士事務所 at 2013年03月05日 | マガジンラック(メルマガ)