プロフィール

丹保敏隆
代表 :丹保敏隆
[ 丹保社会保険労務士事務所 ]
石川県小松市日の出町一丁目112
HOWDID118-202
TEL 0761-24-1005

お問い合わせ

丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ
丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ

※お気軽にお問い合わせください。

  • off share オフショア
  • Tambo's スモールトーク
  • アシスタント Blog
  • スタッフ on WEB
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

メールマガジン


【メルマガでーす】
丹保社労士事務所では労務関係の価値あるメルマガを配信しています。無料ですので、どうぞご登録くださいね。
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
メルマガバックナンバーもご覧ください。


小松商工会議所フォローアップセミナー

20140522d.jpg
 小松商工会議所に於いて平成26年5月22日にフォローアップセミナーを開催しました。小規模企業での人材育成は、年齢構成がピラミッド型を形成しているわけでなく、採用が定期的になされているわけでもなく、ときには上司と部下の関係(指揮命令系統)も不明瞭なことがあって、なかなか人の成長やキャリア形成を企業の発展につなげる視点での研修が難しいように思います。さらに、中途採用が多いと、他の会社での経験や思い込みがそのまま自社で通用するものと疑うことさえしない従業員もでてきます。今回の私たちのセミナーは高度な技術を覚える研修ではありませんが、これから企業で長く働けるよう仕事を覚えるための基礎スキルを身に着けることをめざす研修として、若年社員・新入社員を中心的な対象としてセミナーを開催しました。
 新聞社の取材で記事にも出していただきましたが、このセミナーでは石川県内各方面から様々の立場の人が交代で講師を務めることで、受講者の方にとっては退屈せずに立体感のある研修を体験できたことと考えています。かつては、東京や名古屋・大阪から専門インストラクターを呼んで華々しくセミナーを開催したり、宗教的な洗脳のような激しい擬似儀式を体験したり、かなり高価な研修に人気があった時代があったようですが、身近に潜む異色の人材から発せられる言葉を映画を見るくらいの料金でまる一日とおして聴くことができるのは、ある意味、贅沢なセミナーだったのではないでしょうか。若年者について、挨拶は勿論のこと、ごはんの食べ方、風呂の入り方まで教えてほしいという、中小企業経営者からは厳しい注文もきます。プレイング・マネージャーとしてリーダー・クラスの成長を期待するする声も多くあります。人材育成の成果をどこで見るのか、私たちの課題も抱えながら、次の研修を企画するのが楽しくなってきます。
posted by 丹保社労士事務所 at 2014年05月23日 | スモールトーク

福祉法人の立ち上げをめざして

やまぼうしb.jpg
 会議中で電話を取れず、後で見ると登録のない番号からの着信履歴が残っていて、誰かスマホに切り替えたとき番号も変えてしまったのかと思い電話を入れてみました。平日の日中なので怪しい人とは思わなかったのですが、声を聞いても名前を訊いてもすぐには誰か判りませんでした。話してみると、前に勤めていた会社の取引先からテナントに派遣されていた人ということでようやく納得することができました。先方もそのつもりで「分かるかな」という感じで、その当時の同僚から連絡先を聞いて電話したということでした。お互いに仕事も変わり居場所も分からなかったのですが、今は障害者の福祉施設の立ち上げを考えているそうで、業務経験はあっても法人の設立や経営については何も分からず、その相談に乗ってほしいということでした。資金計画や融資についても不安を抱えていて各方面から支援が必要なことが伝わってきました。
 福祉施設の民営化やノーマライゼーションの流れのなかで、公的な施設では限定的な収入と高額な人件費のため財政的に負担が重くなっているようですが、先行した大規模な施設では補助金を利用して業務を拡大しているところもあります。利用者の立場からすると、身体障害者だけでなく知的障害者や精神障害者も含めてその個性にふさわしい生活を目指しながら、行政や施設の方針に振り回されているというのがそこで働く人の心情のようです。利用者の同意を取るといいながら、Noと言えないのでYesと言う障害者と現場で接して、彼らのために自分にできることが多くあると考えて決心したということです。ただ、福祉事業は経営の安定のためにも社会福祉法人の設立を必要とするところが多くあり、そのためには寄付を受けるという形での資金集めが必要になりますし、法人の役員として支援を引き受けてもらえるような人集めも必要になります。何千万円かの資金は制度的に借り入れできる見込みが立っているので、施設資産の確保と運転資金の出資を手配できれば施設利用者と運営スタッフを募集するという段取りです。相談された私の立場からすると、法人設立の熱い想いを折ることなく気持ちだけが先に行き過ぎないよう着実に足元を固めて前進をサポートすることが役割かと考えています。一方では、成り行きによっては計画の断念を提案するのももう一つの役割と思っています。
posted by 丹保社労士事務所 at 2014年04月30日 | スモールトーク

工業団地で入社員研修

ao.jpg
 新年度が始まり、各企業では新卒社員の受け入れ時期になっています。リーマンショック以後しばらくの間は採用を控えていた企業も次第に新卒採用を増やし、小規模企業ではだんだんと採用が難しくなってきているようです。何年ぶりかで研修実施の依頼を受けた粟生工業団地組合の新入社員研修では、例年になく研修受講者が多く、新鮮で活気ある受講生が会場いっぱいに集まりました。二日間かけて実施した研修では、企業人として長く勤めるために必要とされる基礎スキルと基本マナーに重点を置いて、自律的な社会人となることを目指して5人の講師とともにトレーニングを積みました。この団地組合では、見習いが解けて本採用となる6月にはフォローアップ研修も予定されており、講師陣も次の企画に取り組んでいます。できればもう一度、4〜5年して今年の受講生の人たちが成長した頃に、中堅社員として次のステップを目指す研修を実施できないものかと考えています。なお、5月には小松商工会議所で若年従業員を対象とした企業人基礎研修を企画しています。企業が人材育成のために必要とすることは少なくないはずですので、今後まだまだ求められることが多くあると考えています。
posted by 丹保社労士事務所 at 2014年04月11日 | スモールトーク

駆け込み工事

P_20140322_151924[1].jpg
 消費税率がアップするということで、いつまで経っても忘れられないのが住宅工事にかかる消費税の負担です。税率3%でも工事価格1,500万円に対して税額は45万円になります。この工事の支払いに住宅ローンを組むと、利率が6%の時代なので当初は年間90万円の金利負担になりました。毎月8万円の返済をすると1年で96万円ですので、元金の返済は6万円ほどにしかならず、消費税の上乗せ分45万円のために670万円を7年かけて支払ったような気がします。今は金利が下がっているのでこれほど極端ではありませんが、それでも工事価格1500万円ままとしてその8%なら120万円の税額が上乗せされることになり1年のうちに消費税分の支払いを終えることは難しいのではないかと思います。
 消費税については、ひと頃、申告による戻し税ということが言われていましたが、この頃は行政サイドの裁量による軽減税率の採用が前面に出ているようです。個人的な体験からすると戻し税なら自然に納得できますし、パソコンが当たり前になると手続きも簡略化できるように見えます。1年に一度だけ確定申告の時期にしかできない住宅取得控除をなくし、健康保険の高額療養費の戻しのようにその都度の還付申告でも対応できるなら、計算上の金利負担も軽減されることと考えられます。もしかしたら、医療費について軽減がなくなれば現行の医療費控除の仕組みより消費税還付の方が分かり易くなるかもしれません。
 そんなことを考えながらですが、税率がアップする直前にギリギリ何とか自宅の補修工事も着工してもらい、金利も少し低めに抑えてもらってローンを組むことができました。税額の控除を受けるほどの工事ではないので税制のメリットはなく、当面はローン返済に力を入れて支出削減ということになりそうです。消費税率アップが景気を抑制することをここで実感しています。
posted by 丹保社労士事務所 at 2014年04月01日 | スモールトーク

長生きの値うち

P_20140226_170843[1].jpg
 立退要求。「ここまで長生きしてこんな目にあうとは」…90歳を超えた自分の母からこんな言葉は聞きたくありませんでした。法務局の事業ということで、昨年一年かけて私の生まれたところであり今も母が住んでいる土地一帯の測量が行われ、自宅の敷地の中に登記をしていない地番が一筆まるごと入っていることが確定しました。それ自体が不可解なことであり何かの間違いだろうと思っていたところ、登記名義人から「直ちに建物を取り壊して立ち退き、土地を原状に戻して引き渡せ」との求めを受けました。年老いた母親の着物を引き剥がし洗って返せと言われているようです。母に確認しても「皆で間違いなく境界を確認して買った」「勝手に建てたのでなく建物ごと買った」「売主が住んでいた屋敷をそのまま買った」「買ったものは自分のものだ」「誰かに騙されたようなことはない」と何度も同じことを繰り返すほかは、父の自転車に乗せてもらって何度も家を見に来たこと、父の同級生たちもお金を出し合ってくれたこと、祖母も永く住んだ村を去ることに同意してくれたこと、祖母の仏壇と仏具を持ってきたこと、村の人達も家の下見に来てくれて買う決心をしたこと、売主の奥さんが大きな機屋さんの娘だったこと、などなど限りなく昔話が続いてしまいます。ただ、困るのは「誰に聞いても分かること」「みんなに聞いてもらえ」と母が言うのですが、聞く相手が誰一人いなくなってしまったのです。東京で事業を始めたという売主夫婦も、当時は隣に住んでいた売主の親も兄弟も、騙すはずがないと母が信じきっていた人たちはもう誰も生きていないのです。残っているのは登記と建物、そして損得勘定よりほか何も必要としない人間です。今となれば、70年か80年は経っていると思われる古い建物だけが母の話を分かってくれるのかもしれません。思いがけず、小学校の跡地が母の生家だったことの自慢、父親の死後は米商いを続けられなかった無念、弟が出征するのに見送りも許されなかった不安、嫁ぎ先で一から畑仕事を教わったことの感謝、今まで生きてきたことの不思議、私が生まれる前の母のことを聴くことができたのは、これも母からのメッセージと思うと、やはり父と買い求めた家に長く暮らしてよかったと言ってもらえるよう私の役割が定まったということのようです。
posted by 丹保社労士事務所 at 2014年03月08日 | スモールトーク

眺めるだけの北陸新幹線

IMG_0629 (2).jpg
 もうあと1年余りすると北陸新幹線が開業ということです。金沢から敦賀までの延伸も前倒しして10年ほどのうちに開通しそうな様子です。JR小松駅の近くに事務所が移転したこともあって、いつ新幹線が来てもいいぐらいに準備が整った高架を毎日のように見上げながら、本当に気にかかっているのは新幹線工事で駐車場がなくなることです。新たに大規模な商業施設ができることはなさそうですし、小松駅の利用者があまり増えなければ何とかなるのでしょうが、小松空港からの航空機利用者が新幹線利用に移行してしまうと駅周辺に長時間の駐車場の需要も出てくるのかもしれません。小松駅と小松空港の間で新幹線と航空機を連携させようという考えはないようなので、今のところ、開通による相乗効果で駅周辺がにわかに騒がしくなることはないという側に張ってよさそうです。
 新幹線が敦賀からさらには大阪まで繋がったとしても、実際に自分たちが新幹線を利用することは稀にしかなく、今まで利用している在来線がどうなるのか、各駅停車に乗ったとき特急列車の通過待ちがなくなって便利になるのか、それとも運行列車が減って乗車料金が上がって不便になるのか、まさか短期間での廃線は誰も心配していないものの見えないところもあります。松任駅と美川駅の間に新幹線の停まる駅を増やそうとか在来線に新駅を作ろうという動きもあります。何かが便利になると何かが不便になりそうで、自動車での移動が殆んどの生活をしながらも期待と不安をもって通勤の道路と並行して走るサンダーバードを眺めています。
posted by 丹保社労士事務所 at 2014年02月08日 | スモールトーク

アラカンのセンターへ

IMG_0425 (2).jpg
 学生時代にゼミやサークルで同期だった人達から、そろそろ定年だとかこれが最後の人事異動だとか、そんな知らせが届くことの多い年代になりました。気がつけば、高校を卒業してから一浪二浪した人達が当たり前というのが自分の周りの人達で、私自身は現役で進学したのですがむしろこれが例外的な立場だったため、すでにセカンドライフを考える同期が増えていたのです。とはいえ、同期生から定年後の展開を聴かせてもらう機会はまだなく、趣味や資格を大事にしながら再雇用の道を選択する人が多いのかと考えています。一方では、定年を深刻に受け止めるほどの仕事に就いていないということも自分たちの年代の一般的な就職状況でした。女子学生の求人が殆んどない時代でしたので、高度成長が終焉したとはいえ男子学生がその気になればどこかに仕事口はあったのですが、最初の仕事が就職先の会社の整理だったり、アンダースキルで給料が遅れ遅れの会社だったり、時間の長さは今ほど気にすることはないものの休日出勤と残業が続いたり、今ならブラックと言われそうな会社からスタートした仲間が多くいました。海外から帰らずに仕事を見つけた人や、自分でフリーの事業を始めた人や、大学に居残った人もいれば、30歳代になって教職に潜り込んだ人がいたり、実際には劇的な定年を気にすることのない人達が多くいて、定年を機に生活が変わる仕事に就いている方が特殊な世界のことのようにも思えます。さはさりながら、生物として人間の寿命は120歳まで、ちょうど半分にあたる60歳は折り返し点という話を聞くと、かつては初老の厄年で人生をリセットする考えがあったという話と並べて考えてみて、会社がきちんとペース配分を考えてくれる官公庁や大企業の知恵は捨て難いと思うようになりました。
posted by 丹保社労士事務所 at 2013年12月29日 | スモールトーク

冬型ノマドワーキング

IMG_0816.JPG
 ここ暫らく雨の日ばかりが続き、小春日和と言えるようなのどかな日を過ごさないうちに年の瀬になってしまいます。雷が鳴り、海が荒れ、霰が降って、これから年末という前に一息入れようというのは贅沢なのか甘えなのか、この様子では気合を入れる機会は自分で作らねばなりません。それだからという訳ではありませんが、久しぶりに日本海側から離れて名古屋・東京と、二日続けてどちらも日帰り往復という日程で研修と会議に行ってきました。名古屋では労務管理研修として労働法のワークショップを大阪で開催されているという土田道夫先生の講義を聴き、特にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用に関するリスク管理についてはリアルタイムに変化していく労働法と労働紛争の世界を見たような気がしました。ノートパソコンからスマートフォンやタブレットなどモバイル機器を使いこなすノマドワーカー的なスタイルは電車や駅や空港で当たり前の風景となり、実際の仕事の仕方が変化しているスピードに法令上のルール変更が追い着かないのかもしれません。いつもの自動車の運転から開放された移動時間は、多少の窮屈さと引き換えにモバイルの便利さを実感するものでした。寒冷前線の通過で荒れ模様の名古屋では屋外に出ることもなく、北陸とのギャップを感じないまま雨の中を往復しましたが、翌日の東京は晴れて日中の気温も上がりすぐに帰るには惜しい気分で外を歩きました。会場が厚生労働省の合同庁舎で日比谷公園に近く、公園を散歩しながら一休みしようと見回すと、さすがお天気が良すぎるのか時間のせいなのかベンチはどこも空きがなくなっていました。ここの図書館ではパソコンも使えて居心地が良さそうなことを後になって知り、ノマドには遠くてもやはり下調べをしておくべきだったかと反省しながら用事を終えて帰途につきました。雨雲を避けて飛んだとのアナウンスがあって少し遅れ気味の小松空港到着は雨が小止みのタイミングでした。
posted by 丹保社労士事務所 at 2013年11月30日 | スモールトーク

実測3ケタオーバー

IMG_0810 (2).jpg
 白山の登山口に向かう市ノ瀬までバスで出かける機会がありました。市ノ瀬ビジターセンターと道を挟んで向かい合い一軒だけ残る温泉宿の自動販売機はすでに半分ほどが温かい飲み物になっていました。昭和九年の大水害まではいくつかの旅館があったのだそうですが、上流からの土砂が流れ込み数メートルも積もった中にほとんどが埋もれ、ビジターセンターは堆積した土砂の上に建てられているということです。いま残っている宿は永井旅館のみで通には人気があり、秘湯めぐりで温泉を目的にここまで入ってくる人もいるぐらいですので、白山登山からの下山後に時間があれば一度は立ち寄りたいところです。川を下ると「百万貫岩」と呼ばれる巨岩が川原の石ころの中にあるのですが、これもまた昭和九年の大洪水の際に土石流でここにきたものだそうで、普段なら車の窓から横目に眺めて取り過ぎていたのを初めて今回は川原に下りて岩の近くまで行ってみました。近年の実測では129万貫(約4800t)、高さ16m、周長52mもあるとのこと、実際に「百万貫」を超える重量があることに妙な安心感を覚えてバスに戻りました。帰り道はいつもの通り、かつて山手五村などと呼ばれていた白峰・尾口・吉野谷・鳥越・河内を貫通する立派な道を途中で白峰と東二口の村にも立ち寄り、住民が高齢化する中で自分たちの生活を大切にしていることを聞かせてもらうことができました。白山麓でもこのあたりは積雪が多く冬になると二階から出入りしていたという話はよく聞いたのですが、もうひとつ大変なのが地すべりということは知りませんでした。雪深い山では人が住むことのできる平地はわずかしかなく、その平地も川に挟まれた台地状で水に不便な場所がブナの木に囲まれて地すべりから守られているとのこと。見ているだけでは分らないことでした。白峰の報恩講や東二口の木偶まわしは、古い伝統を守るというより自分たちの現在を未来につなぐよりどころのように感じます。遠くまで空を見渡すことのできる海岸や平野と違い、山に入ると頭の上にしか空がなくてどこから雲が湧いて風が変わるか分らないなかで自然を相手に生活するにはご利益が無いと分っていても信じることが大切だという話には重みがありました。
posted by 丹保社労士事務所 at 2013年10月31日 | スモールトーク

コンビニオフィス

cvs (2).jpg
 気がついたら、弁当や唐揚だけでなくレギュラーコーヒーやスイーツ類におでんも美味しくなったようです。わざわざ食べ比べたわけではありませんが、どこのお店も店内調理を取り入れていてコンビニだからと期待値を下げて買うことが無くなりました。これまでだと、仕事中にコンビニに入るのは、時間がなくて食事の時間がずれてしまったり、のどが渇いて冷たいものが欲しくなったり、どこか追われたような気持ちを抱えて落ち着かない雰囲気のときが多かったようです。このごろは、たまにですが、少し気持ちを整えたいときにも使えるようになった感じがします。子供の頃の立ち食いと変わらないのかもしれませんが、自分ひとり分だけ、その場で食べ切り飲みきりで時間の区切りをつけることができます。おそらくは想像以上に便利なのは、お店にあるコピー機がコピーだけでなくFAXやプリンターとして使うことができ、パソコンを持っていれば無線LANでWiFiも無料で使えるので、外で仕事をするスタイルの人にとってはイートインのお店をサテライト事務所のように利用できます。車で走っていると過剰かと思えるほどに増え続けているコンビニですが、地域によっては近所にお店がなくなって日常の買い物に不都合をきたしている高齢者など「買い物弱者」にとって貴重で欠くことのできない「一番店」としての役割も担っています。いわゆる「おひとりさま」を対象に開発した商品は都市部のシングルだけでなく地方の単身高齢者にとっても想定外の重宝さのようです。勝手に飽和状態と思い込んでいたコンビニは進化し続け、ノマドもおひとりさまも様々なライフスタイルを呑み込んで、近くにコンビニが有るか無いかで仕事の利便性にも影響を及ぼすようになりました。我が事務所では郵便物の一部が次第にコンビニのメール便に変わりつつあります。
posted by 丹保社労士事務所 at 2013年10月01日 | スモールトーク