プロフィール

丹保敏隆
代表 :丹保敏隆
[ 丹保社会保険労務士事務所 ]
石川県小松市日の出町一丁目112
HOWDID118-202
TEL 0761-24-1005

お問い合わせ

丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ
丹保社会保険労務士事務所へのお問い合わせ

※お気軽にお問い合わせください。

  • off share オフショア
  • Tambo's スモールトーク
  • アシスタント Blog
  • スタッフ on WEB
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー

メールマガジン


【メルマガでーす】
丹保社労士事務所では労務関係の価値あるメルマガを配信しています。無料ですので、どうぞご登録くださいね。
メルマガ登録
登録 削除
powered byメール配信CGI acmailer
メルマガバックナンバーもご覧ください。


ひと夏の潮ぬき

つつじ2.jpg

 今年の夏は船を降りることに決めました。…と言っても去年からほとんど海に出ることがなくなってしまったので、船の手入れを諦めたということになるのかも知れません。かなりの船齢を経て中古になってから譲り受けたシーホッパーはメインブロックのスプリングコイルが折れてしまい、修理もしないままに年を越してこの春も艇庫から出して船台に載せてもらいながらそのまま2ヶ月が経っています。コンディションのいい年であっても毎週のように艇庫に通って、実際に海上に出ることができるのは年に何回かしかありません。自分の技術レベルでは、少し波が高かったり雨が降ったりするとビーチスタートで艇を出すことができませんし、風が吹けばパワーを受けて船のスピードが出て面白いはずが逆にコントロールが難しく危険ですし、風が落ちてしまうと風をつかめなくなって動きがとれず岸まで戻れなくなりそうでこれも困ります。それでも、海の近くに生まれ育ったせいか、沖にまで出ることはなくても波を眺めながら風に吹かれているだけで心が洗われるような気持ちになります。幾ら下手でも続けているのはそのせいだと思います。嬉しいときも辛いときも何もないときも、子供の頃から、浜辺を歩いて気持ちを落ち着かせ考えをまとめることができました。自分で海に出るのは一つの夢のようなものでした。乗り始めたのはセーリングクルーザーがきっかけで、体育会系の競技からでなくヨットスクールの体験試乗会から入りました。レースでは最後尾に着いていくのが精一杯で海上を漂っている有様ですが、体育会系が分からなくてもオフには何とか仲間に入れて貰えたのは有り難いことです。孤立無援の海上から陸の連帯が生まれると考えると、船を降りてから飲み会だけに参加するのは失礼かと思いながら、再び海に出る日があることを忘れずにこのシーズンを過ごします。今年の夏、海に出ないのは船のせいだけで、ウエットスーツがきつくなったことは理由にしたくありません。
posted by 丹保社労士事務所 at 2012年05月31日 | スモールトーク

飲酒運転アリバイ工作

IMG_0184.JPG

 少し遅めの花も散り、この季節、葉桜が見頃になると海辺や庭先などあちこちでバーベキューが始まります。家では煙が出て大変な網焼きも、戸外に出てしまえば煙を気にせず気楽にできます。網や鉄板の貸し出しは勿論のこと、近頃のバーベキュー施設は多少の雨でも耐えられるテントも用意されていて、会場によっては食材も準備してもらうことができるので人気のようです。ただ、仲間内でバーベキューを企画すると大きな問題になるのが会場からの帰りの足です。焼肉にアルコールがあれば一層おいしく楽しくなり戸外ではアルコールも進むということで、帰りの車を運転できるように飲まずに参加する人を確保するのが難しくなります。飲酒運転絶対禁止と宣言しながら大量にお酒を買い込むケースも見られます。これが会社などの主催する海辺や山間の会場を舞台にしたイベントになると問題も大きくなり、自家用車による参加を前提にした会場を設定しながら主催者がアルコール飲料を準備してこれを参加者に提供することから、送迎バスをチャーターしたり会場を駅近に設定したりと企画も知恵を巡らせています。奇妙なノンアルコール飲料が出回っているのが最近の不思議な傾向の一つで、乾杯のあと「マズー」と唸りながら最後まで酔っ払いに付き合う人も増えてきたのかもしれません。ただし、ノンアルコール飲料には二通りの製法があって、ビールなら本来のビールからアルコールを抜き去る従来からの方法とビールのような味を付けた清涼飲料ともいうべき新しい方法とに分かれ、従来の製法ではアルコール分が完全に抜けることはないそうです。味はアルコールが残留する従来製法が明らかに優っていて、そのため大量に飲むと体内に摂取するアルコール総量が多くなりそれなりに酔っ払うということです。イベント開催のため主催者サイドで無理な飲酒運転のアリバイ工作など考えず、ゴールデンウイークは浜風の撫でる初夏の陽射しの下で充実した時間を気持ちよく過ごしたいところです。
posted by 丹保社労士事務所 at 2012年05月02日 | スモールトーク

かいもち半殺し

かいもち.jpg

 冬のスタッドレスタイヤから夏のノーマルタイヤへの交換時期は、例年、休日ということもあってお彼岸の時期と重なります。それで、タイヤ交換の合間に「かいもち」を食べて一息入れるのがちょうどいい作業パターンになっています。この「かいもち」というのは「おはぎ」「ぼたもち」のことを言うのですが、人によっては通じないことも多くなってしまったのは地域のせいなのでしょうか年齢のせいなのでしょうか。「かいもち」は一説では「粥餅〈カユモチ〉」に由来するとか或いは手で掻いて餅をつくったのだとか、確かに子どもの頃を思い出すと祖母を手伝ったときは餅米を蒸して杵で搗くのではなく炊いてからスリコギで捏ねていた記憶があります。いわゆる「半殺し」状態にしかならないのですが、綺麗な半殺し?状態にするためにうるち米を混ぜるということもあり、かつての「かいもち」の製法に関して今ではお彼岸のミステリーみたいになりました。この物騒な「半殺し」については餡子についての説もあって、こちらは分り易く、きれいにつぶれたこし餡に対して小豆の形が残った粒餡が「半殺し」とされるようです。
 餅や餡について、もう一つ、不思議なことがあります。それは、塩味のことです。赤飯にゴマや塩を振り掛けて食べるのと同じように、餅や餡に塩を加えると美味くなるのは当たり前と思っていたのですが、減塩志向からなのか自然志向なのか、塩味ない餅が多くなったような気がします。もしかしたら、お菓子屋の職人さんが作るのと餅屋のパートさんが作るのとで製法が異なっているのかもしれません。いずれにしても、正月でももちつきをして鏡餅を作ることもなく、お彼岸にもかいもちを作ることもなく、お店には沢山の餅が並んでいて、気が向けばいつでも買って食べることができるのは有り難いことです。
posted by 丹保社労士事務所 at 2012年04月13日 | スモールトーク

3・11から一年

IMG_0122.JPG

 インターネットで調べものをしているとき、居眠りしているつもりもないのにパソコンの画面が揺れて焦点が合わず見づらくて、もしかしてこれが網膜剥離かと不安になったり、まさか脳梗塞はこんな気楽で苦痛を伴わないことはないだろうと思いながら、落ち着かない時間はかなり長く続きました。2011.3.11。このとき、遠く東北の地で大きな地震があったことはすぐ後から知りました。「義兄が仙台に出張中」「仙台空港に津波到来」「仙台駅から一度だけ電話」「姉の家をも見舞う」と自宅から心配そうな電話が入り、ずっと昔に二回ほど行ったことがあるだけなのに「仙台駅は内陸」とあまり根拠のない返事をしてから、自分を納得させるために地図を捜しました。そして、この後しばらく、義兄からの連絡は途絶え、地震と津波のニュースは流れ続け、原発トラブルが仄めかされるようになりました。
 震災発生の直後から周囲にいる多くの人達が救援に向かい、支援の物資や資金の調達も活発に行なわれていました。自分たち社会保険労務士会でも直ちに募金活動が行なわれました。この時期、支部の定例総会が開催され、その場でも義捐金の拠出が審議されました。しかし、上部団体への募金をする人もあり、支部としては何か別のことをできないかとの考えからこれを保留としています。実は、阪神地震や能登半島地震の経験からして、また社会保険労務士という仕事上の立場からしても、自分で働いて生活できるようになることが大切なことだと考えています。東北地方へ物資や資金を送る時期が過ぎると、東北地方の生産品を購入したり東北地方へ旅行したりすることで、被災地の人達が本来の生活に戻るきっかけができることを知っています。単純な考えのようですが、余震や放射線の不安を持つ人もいる中、会の支部として予算と時間の許される範囲で東北ツアーを実施しようと企画しています。できる限り「研修」も抱き合わせで開催しようという欲張りな考えです。震災から一年、ちょうど総会の時期にもなりますので、賛同を得ることのできる企画を考えたいと普段よりも少し力が入っています。
posted by 丹保社労士事務所 at 2012年03月04日 | スモールトーク

ずっとガラパゴスな毎日

IMG_0087.JPG

 非関税障壁の一つに軽自動車規格の存在が挙げられているようです。確かに、景気が低迷している中で税金や保険料が割安な軽自動車は経済性から考えて有り難いものですし、普通自動車と比べて軽自動車の販売は悪くありません。私が普段の使い方で乗ることを考えても、頻繁に高速道路を走ることはなく、いつも長距離を走るわけでもなく、多くの人や荷物を運ぶこともなく、普通自動車か小型自動車が一台あればもう一台は軽自動車で十分に間に合います。駐車スペースを考えると軽自動車の方が無理をしなくてよく気が楽という面もあります。昨年は実際に車両を購入するにあたって、狭い場所での取り回しの良さと雪道や悪路での走破性から、実質はツーシーターに近いマニュアル5速で四輪駆動の軽自動車を選びました。気候や交通事情から大きな車では不便を感じるからです。ハイブリッドでもなくEVでもなく、ターボチャージャーがついてエコとは縁のない車なのでエコカーとしての減税も補助もなく、それでも今回はGMもクライスラーもフォードも比較の対象にはなりません。道路が少し広くなった分だけ車が大きくなったり、本棚を少し大きくしたら紙の規格が大きくなったり、そのうち在来線の軌道の幅も拡げる時期が来るのかもしれません。どうやら、私の生活はかなりガラパゴス化しているようだと自覚しました。これは進化なのか適応なのか、退化なのか停滞なのか、自分では分りません。
 それ以上に迷うのは携帯電話です。スマートフォンが当たり前になってきて、半年ほど前からガラパゴス携帯からスマートフォンへの買い替えを勧められています。これまで、添付文書が多いためメールを設定していなかった通称パカパカのガラ携では通話だけと割り切っていたところ、スマホにWiFi環境を整備することでPC並にネットが使えるというところで考えてしまいました。むしろクラウドでウエブメールなど利用することになると、電話とタブレットと両方を持たないと使い勝手が悪いようにも思います。それなら、電車や航空機での出張が多いわけでもなく屋外で頻繁にメールチェックする必要があるわけでもなく、ツールが一つ増える煩わしさを許容すればガラパゴス携帯とアイポッドを併用して何とか対応できるというところへ辿り着きました。これには想定外の副産物もあって、アイポッドを車のオーディオに接続するとポッドキャストを聴くことができるので、意外なところから思わぬアイデアを貰うことができることも分りました。小さな壺の中での進化は限界も明らかで、ガラパゴス化はより深化してしまったようです。
posted by 丹保社労士事務所 at 2012年03月03日 | スモールトーク

加賀まるイモのレシピ

石中26懇親会.jpg

 26回目を数えた石川中央労務研究会、ここ数回は能美市根上学習センターで開催しています。今回、終了後の懇親会では地元能美市で丸イモの生産に携わっていらっしゃる社会保険労務士の橋本先生にお世話して頂き、学習センターの調理室をお借りして加賀丸イモのレシピを教わりながら満腹になるまで食べ続けました。加賀丸イモはタンコロイモともいい能美市の特産で、昭和の手取川大洪水で水に浸かった能美市の手取川沿いで最もいいイモが出来るそうです。メニューは、お好み焼き・タンコロ汁・寿司酢短冊・鯖やまかけ・とろろ飯・とろろうどん・磯部揚、そのうえ食べ過ぎても胃もたれしないというウンチクもおまけに付いてきます。
 メインはお好み焼きでした。皮をむいた丸イモをおろし金で擦り卸し、出し汁ととき玉子を加えて溶いてから刻んだキャベツやネギを加えて、豚肉やエビなど火が通ってからフライパンに拡げて焼きます。焼き上がったら、ソース・マヨネーズ、青のり・紅ショウガなど、あればトッピングというところです。目の違うおろし金で擦るのも食感が変わり面白く思いました。生地に具を混ぜ込むのも、小麦粉などで薄めるのも、アレンジは自在ということのようです。次にタンコロ汁(団子汁)。極めてシンプルで、擦り卸したイモをおつゆに入れて火を通します。澄まし汁でも味噌汁でも、汁を選ぶことはないようです。これをおつゆに入れず、少し出汁を加えてシメ鯖などにたっぷり乗せればやま掛けになり、ご飯やうどんに乗せればとろろ飯・とろろうどんです。出汁を抑えて大根おろしを混ぜる手もあるかと考えながらダゴ汁を飲みました。ついでですが、おろす時に擂り鉢を使えば卸し金よりずっとイモのきめが細かくなります。そのほか、薄く短冊切にして寿司酢を掛ければ三杯酢、刻んだ柚子も旬のようでした。それから、残念ながらこの日は食べることのできなかった磯部揚げ。海苔で包んで揚げるのがシンプルですが、大葉巻きやベーコン巻きも人気です。丸イモ料理を食べさせてくれる地元の料理屋さんもできているそうですので、機会があればプロの料理も味わいたいと思います。
posted by 丹保社労士事務所 at 2011年12月22日 | スモールトーク

無料クラウドは霧の中

エバシュガ.jpg

 いつもバッグに放り込んでメモ代わりに使っていたUSBメモリが満杯になってしまいました。とりあえず、もう一つ容量の大きめのメモリも一緒に持ち歩くことにしたのですが、余計なことをしなくてももっと便利な方法のあることが分りました。エバーノートとかシュガーシンクとかいわゆる「クラウド」なのですが、ネット上にデータやイメージを丸ごと保存できて、ネットにさえつながれば離れたコンピューターからもいつでもアクセスできる仕組みになっているので、実際にはスマートフォンやネットブックからもアクセス可能になり、出先は勿論のこと使い方によっては屋外でも利用できるという想像以上に便利なもののようです。私の場合は無料ということで試しに導入した段階で、まだ今のところ事務所と自宅ぐらいでの利用しか考えておらず、本来の使い方からは程遠いレベルということになります。
 まずは「エバーノートEverNote」から使ってみました。名前の通りノート代わりに使うことができそうです。聞いたことや思いついたことをメモしておくノートとして、上手に使えば後で整理するのが便利なように“タグ”も準備されています。画像も簡単に入れることができるのは紙のノートでは真似できないところで、ネットなどから雑多な資料を一時的に集めておくには手間もかからず使い勝手のいいものでした。一方、文字のフォントなどはうまく再現できないことが多いようで、これはノートとして使うならその性格上から当然かも知れません。次に試したのは「シュガーシンクSugarSync」です。こちらは同期型オンラインストレージというキャッチコピーがついていて、ネット上のUSBという感覚で使えばいいようです。私の感覚ではノートが素材としてのメモならこちらは企画書案くらいの半製品レベルの保管に向くように思います。ただ不思議なのは、無料でも最大容量5ギガまで使えるとのことだったので、1ギガもないUSBから気楽にデータを落としているうちに半分以上も埋まってしまいました。やはり、画像などは最小限に留めておくべきもののようです。
 WiFiに接続できる環境ならiPodでもアクセスができて、どちらも確かに便利なものですし費用もかけずにある程度まで利用できました。ここまで便利になると逆に心配なのがセキュリティです。これに限らずIDとパスワードが破られるとどうしようもないので、仕事に関することは、まだまだ簡単に重要事項・秘密事項をクラウドに任せる訳にはいかない段階だと考えています。電子申請や電子納付などe-Gaveが進み、近い時期にはこのようなサービスを有料で利用するのが当然ということにもなりそうです。便利さが進み過ぎて不都合が増えないことを期待しています。
posted by 丹保社労士事務所 at 2011年12月04日 | スモールトーク

 白山麓鳥越の新蕎麦

IMG_0176道案内.jpg

 この秋はかつて山手五村などと言われた白山麓に出かける機会が何度かありました。秋になると温泉と蕎麦が合います。社会保険労務士の懇親会で泊まったのは白山里という細いトンネルの先にある隠れ家のような研修施設で、天然温泉に三度も浸かり、蕎麦だけでなく白山の堅豆腐や蒟蒻・虹鱒・岩魚・山菜などで満腹になる有り難い宿でした。道路が整備されて交通の便が良くなったお陰で時間もかからず、この日は仕事を終えてから暗くなってはいけないと急いだのか、入るべき脇道を通り過ぎて日暮れの山道を引き返すことになってしまいました。翌日も朝食をたっぷり頂いて満足し、何かあればもう一度ここへ行ってみようかと思っていたところ、ちょっとした失敗からその機会はすぐに実現しました。
自分の艇を一度も出さないままに夏が終わり、セーリング協会のシーズンオーバー打ち上げに参加したのですが、その会場まで鳥越の相滝から蕎麦屋さんが出張して来ていて美味しい蕎麦を頂くことができました。蕎麦が自慢の鳥越で、この蕎麦屋さんは村中の蕎麦が同じ味になっては詰まらないと考えて、五箇山の利賀村で修行してきたという話でした。この時は北海道の新蕎麦を頂き鳥越の新蕎麦が出るのは11月に入ってからということだったので、それなら相滝のお店へ行ってみようと朝の天気を見て出かけたのです。大日ダムに向かう道を折れると聞いていたので、それだけ分かればナビが無くても大丈夫と進むうち本当にダムに向かい林道に入り込んでしまいました。実は後で分ったのですが、道を折れてからの分かれ道に気付かなかったのです。とにかくお腹がすいて、ここは社会保険労務士会の懇親会でお世話になった白山里へ向かおうということになり、お昼なので白山百膳は敬遠して蕎麦と天ぷらだけでも満腹になりました。帰りの途中、腹ごなしに何年か前までは植物園 “はなゆうゆう”があった吉野谷温泉の大門温泉センターに立ち寄り、思いのほか明るく陽の射し込む温めの湯にゆっくりと浸って小一時間を過ごしました。目当ての蕎麦屋さんも大体の見当がついたので、この秋はもう一度、 今度は道を調べながら新蕎麦を食べに白山麓まで出かけることになりそうです。
posted by 丹保社労士事務所 at 2011年11月04日 | スモールトーク

新卒求人と採用試験

ばら.jpg

 今年も、9月16日に来春卒業予定の高校生に対して採用試験が解禁されました。厚生労働省によると、来春卒業予定の高校生の求人倍率は、今年7月末時点で0.68倍ということです。全国の求職者数は約18万7,000人(同0.2%増)、求人数は約12万7,000人(同2.0%増)ということで、昨年と比べて若干の増加傾向です。新卒者の就職難から、既卒3年以内の社会人も新卒並に求人対象とすることも勧奨されていますが、求人側も求職側もあまり反応は芳しくないような印象です。卒業してから時間をかけて自分の仕事を考えることは、キャリアデザインという面からは非常に有意義で、新卒扱いか中途採用の扱いかにかかわらず企業としては取り組むべき課題です。
 学卒の求人はだらしなく早期化してしまいましたが、高校生については9月16日の期日は実態を有しています。景気の下降は何とかおさまり、小規模の企業でも久々に新卒の採用を考えるようになりました。仕事がら、多少はこれを見込んで解禁日の予定を空けておいたのですが、見込みは外れてこの日に採用試験を実施する顧問先企業はありませんでした。しかし、次の週に日を遅らせて面接を実施するということで、採用手続の支援に関わる機会を戴きました。本来なら面接会場での立ち会いも考えていたのですが、残念ながら自分の日程調整がつかないため事務所スタッフに任せることになってしまいました。今後は、面接当日の手続は勿論のこととして、採用にあたって企業としてどのような人材を求めているのかをいかに応募者に伝えるかも大きな課題と考えています。これは、本人だけでなく家族や進路指導担当者も含めて準備が必要かと思います。
posted by 丹保社労士事務所 at 2011年10月16日 | スモールトーク

労働紛争解決手続

 ここ1年ほどの間に労使紛争といわれる事件に幾つか係わる機会がありました。社会保険労務士ということからすると当然の業務なのかもしれませんが、これまでなら相談で留まっていたのが“あっせん”や“審判”の紛争解決手続にまで進むことが多くなったと受け止めています。これは、経済情勢を背景に紛争自体が増加したことが大きな理由に挙げられますが、紛争解決の手段の一つとして“あっせん”などADRの利用が次第に受容されつつあるようにも感じられます。当事者同士の主張が咬み合わないどころか話し合いの場すら設定できなかったり、お互いが顔を合わせると却って気持ちが昂ぶって話がこじれそうになったり、こんな時には誰か第三者が間で仲裁に入ってまとめた方が無理のない解決に落ち着くことがあります。これを制度化したのが“あっせん”などADRであり、複雑で時間がかかる裁判手続を簡略化短時間化にしたのが“審判”です。労使紛争は発生する前に解決するのが理想であり、そのためには日常の労務管理が大切なことはいうまでもありません。ただ、問題が起きてしまった時には、お互いが心を持った人間であり、感情に走らず落ち着いた対応を求められるところです。時間をかけてでも対立している事項を明確にして主張を通そうとするなら裁判が相応しいのでしょうが、妥協できる部分を探し出して紛争に費やする時間とお金とエネルギーを少しでも省こうとするなら“あっせん”を試みるという選択肢が浮かんできます。ここで不調となって“労働審判”に移ることも無駄ではないようです。数年前、県社労士会の会長から特定社会保険労務士となるための特別研修を受講するよう勧められ、その理由も充分に理解することなく試験を受けて特定社会保険労務士としての付記登録も終えることができました。会から個別労働紛争解決センターあっせん委員の委嘱を受け、今頃になって、ようやくそのことの重大さに気がつきました。
posted by 丹保社労士事務所 at 2011年09月01日 | スモールトーク